1枚目の画像

biology

全身の骨格筋をヒトの筋肉に置き換えた「ヒトとブタのキメラ」を造ることに成功

2021.04.02 Friday

2021.03.31 Wednesday

GENERATING HUMAN SKELETAL MUSCLE IN PIGS HAS GREAT PROMISE https://www.inverse.com/innovation/human-pig-chimeras-future-of-organ-transplant
Humanized skeletal muscle in MYF5/MYOD/MYF6-null pig embryos https://www.nature.com/articles/s41551-021-00693-1

ヒトの筋肉を持ったブタが誕生しました。

3月29日に『Nature Biomedical Engineering』に掲載された論文によると、全身の骨格筋を人間のものに置き換えた「ヒトとブタのキメラ」の作成に成功したとのこと。

この技術が普及すれば、ヒトの骨格筋を無限に製造できるようになり、これまで困難であった骨格筋の移植が可能になるかもしれません。

全身に人間の骨格筋を持つヒトブタを作成することに成功!

中央の筋肉は第三腓骨筋として知られている部位
中央の筋肉は第三腓骨筋として知られている部位 / Credit:Nature Biomedical Engineering

現在、世界各地で心臓や肝臓といった臓器の移植が盛んに行われている一方で、骨格筋の移植は非常に困難とされています。

骨格筋は死と同時に急速に劣化が進むため、ほとんどの場合、移植に間に合わない事情があるのです。

そのため事故などで手足に大きな怪我をした人が筋肉を再建するには、自分の体の他の部位から筋肉を素早く移植するしかありませんでした。

しかし今回、ミネソタ大学の研究者たちにより、骨格筋移植に大きな希望の光がもたらされました。

新たに作成されたブタは、全身の骨格筋がヒトのものに置き換えられているため、いつでも新鮮な骨格筋を提供することができます。

さらに骨格筋は患者の幹細胞を元にしてブタの体内で育つために、移植による拒絶反応の心配もありません。

研究者たちはいったいどんな方法でキメラが作成されたのでしょうか?

次ページ新技術は法と倫理の問題を解決する

<

1

2

3

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!