クジラやイルカの脳の大きさは熱生成のため
クジラやイルカの脳の大きさは熱生成のため / Credit:Depositphotos
animals plants

クジラの脳が大きいのは熱生成のためでした

2021.04.18 Sunday

Whale and dolphin brains are special—for heat production, not for intelligence https://phys.org/news/2021-03-whale-dolphin-brains-specialfor-production.html
Amplification of potential thermogenetic mechanisms in cetacean brains compared to artiodactyl brains https://www.nature.com/articles/s41598-021-84762-0

人間の脳は大きく、知性に溢れています。では、もっと大きな脳は更なる知性を生み出すのでしょうか?

南アフリカ・ウィットウォーターズランド大学解剖学部に所属するPaul Manger氏ら研究チームは、クジラとイルカの脳が特別製だったと発表しました。

クジラとイルカの脳が大きいのは、知能のためではなく熱生成のためだと判明したのです。

研究の詳細は、3月9日付の科学誌『Scientific Reports』に掲載されました。

クジラの脳が大きいのはどうして?

クジラとイルカは地球上で最も大きいを持っています。

脳の重さは8kgを越えることもあり、平均的な人間の脳の6倍以上もあるのです。

マッコウクジラの脳
マッコウクジラの脳 / Credit:Yohei Yamashita / wikimedia

しかしこれまでの調査により、クジラやイルカの大きな脳には人間のような思考プロセスや多様性、柔軟性、適応性がないと分かっています。

つまり彼らの大きな脳は知能を増すものではなかったのです。

では、その大きさは何のためにあるのでしょうか?

新しい研究では、クジラやイルカの大きな脳が「熱生成」に特化していると判明。

Manger氏によると、「すべての哺乳類の脳は、体の熱生成メカニズムとは別に熱を生成しており、その熱は神経細胞の効率的な機能のために欠かせません」とのこと。

しかし「水中の哺乳類は、空気中と比べて90倍の速さで熱を奪われます」とも付け加えています。

冷たい海中で暮らすクジラやイルカにとって、通常の熱生成では対応しきれないのです。

ところが、彼らの脳は熱生成システムを装備した特注製であり、脳活動が大きく低下することはないと判明しました。

次ページクジラの脳には3つの熱生成システムが組み込まれている

<

1

2

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!