抗体はワクチン接種後の女性の母乳にも含まれていた
抗体はワクチン接種後の女性の母乳にも含まれていた / Credit:Canva
medical

ワクチン接種した女性の母乳に新型コロナ抗体が含まれていると判明!

2021.04.23 Friday

Maternal COVID-19 vaccination may protect breastfeeding infants https://www.healio.com/news/primary-care/20210419/maternal-covid19-vaccination-may-protect-breastfeeding-infants
SARS-CoV-2–Specific Antibodies in Breast Milk After COVID-19 Vaccination of Breastfeeding Women https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2778766

ワクチンを接種した女性の母乳にはコロナを倒す抗体が含まれているようです。

4月12日に『JAMA』に掲載された論文では、ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチンを接種した女性の母乳に「強力な」レベルの抗体が含まれていることが示されました

研究を主導した女性(ワクチン接種済み)は実験結果に衝撃を受け、新しく産まれた赤ちゃんに加えて、3才の子供にも母乳を与え始めたとのこと。

研究の予想通り、新生児以外にも防護効果がある場合、母乳が世界を救うかもしれません。

ワクチンを接種した女性の母乳にコロナ抗体が含まれていると判明!

IgAは最初の接種から2週間目にはもう確認されたが、IgGのほうは2回目の接種である3週目まで時間がかかった
IgAは最初の接種から2週間目にはもう確認されたが、IgGのほうは2回目の接種である3週目まで時間がかかった / Credit:Sivan Haia Perl et al.,JAMA(2021)

新型コロナウイルスは世界各地で猛威をふるい、社会に大きな混乱を引き起こしています。

一方で、ワクチンの接種が進んでいるイスラエルなどでは感染数が劇的に低下し、パンデミックの終わりもみえてきました。

しかしながら、新しいワクチンは新生児に対する安全性の確認が十分にとれておらず「赤ちゃんへの接種」はどの国でも全く進んでいません。

一方で、近年の免疫学の進歩により、インフルエンザなどのワクチンの接種を受けた女性の母乳に、ウイルスを特異的に認識する抗体が含まれていることが明らかになってきました。

そこで今回、イスラエルのシャーミール医療センターの研究者たちは、新型コロナウイルスのワクチン(ファイザー社製)にも同様に、母乳に抗体を含ませる効果があるかどうかを確かめることにしました

調査にあたってはまず、乳児を育てている84人の母親に対してワクチンを接種させて、その後、第2週目から第6週目まで一週間ごとに母乳を採取して、抗体が含まれているかどうかを確かめました。

IgGは専門家。IgAは粘液などに存在する汎用型
IgGは専門家。IgAは粘液などに存在する汎用型 / Credit:ナゾロジー編集部

結果、最初のワクチン接種から2週間目には、幅広いウイルスや病原体に対応するIgA抗体が、2回目の接種が行われた4週目からは新型コロナウイルスを特異的に認識して攻撃するIgG抗体が、母乳中で大きく増えていることが確認されました。

この結果は、ワクチンを接種した母体が母乳を通して赤ちゃんにウイルスと戦う抗体を与えていることを示します。

次ページワクチン接種後の母乳は抗体治療薬としての効果があるかもしれない

<

1

2

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!