文明が興る前の人類もコロナウィルスの被害にあっていた
文明が興る前の人類もコロナウィルスの被害にあっていた / Credit:depositphotos
fungi

東アジアでは2万5千年前に「古代コロナウイルス」が流行していた (2/3)

2021.04.28 Wednesday

An ancient coronavirus swept across East Asia 25,000 years ago(livescience) https://www.livescience.com/ancient-coronavirus-infected-people-thousands-years-ago.html
An ancient viral epidemic involving host coronavirus interacting genes more than 20,000 years ago in East Asia https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.11.16.385401v2

古代ウイルスの指紋からわかること

パンデミックは古代の人々も悩ませていた
パンデミックは古代の人々も悩ませていた / Credit:canva

現在のコロナウイルス流行の初期段階において、東アジアの一部の集団では、感染数の増加が緩やかだったことが謎とされています。

しかし、ひょっとするとその原因は、この祖先から受け継いだ古代コロナウイルス流行による変異の影響かもしれない、と研究チームは示唆しています。

ただ、これは予想であって事実であるかは定かではありません。

今回の研究には関わっていない、カリフォルニア大学医学部の准教授ジョエル・ヴェルトハイム氏は「この進化を引き起こしたウイルスが、コロナウイルスであったかどうか判断することは非常に難しい問題です」と語っています。

ただ、「もっともらしい実用的な理論のようだ」と彼は研究を評価しています。

実際研究チームのエナード氏も、東アジアの祖先を悩ませた古代の病原がコロナウイルスではない可能性があることは認めています

今回の発見が、コロナウイルスと似たような相互作用を細胞と起こす、別種のウイルスであった可能性は否定できません。

しかし、2月9日に同じくプレプリントサーバー『bioRxiv』に投稿された別の研究は、SARS-CoV-2を含むコロナウイルスのファミリーであるサルベコウイルスが、2万3500年前に最初の進化をしたという報告を行っています。

こちらの研究もまだ科学雑誌への掲載はされていませんが、今回の研究と時期が一致していて、関連している可能性があります。

次ページ現代の我々にどう役立つのか?

<

1

2

3

>

菌のニュースfungi news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!