脳に刺したLEDで「友情」を遠隔操作する装置が開発!
脳に刺したLEDで「友情」を遠隔操作する装置が開発! / Credit:Canva
brain

脳に刺したLEDで「友情」を遠隔操作する研究 (2/3)

2021.05.11 Tuesday

前ページ脳に刺したLEDで「友情」を遠隔操作する装置が開発!

<

1

2

3

>

脳が同期していると「なかよし」になる

脳が同期していると2匹はなかよしになりじゃれつき続ける
脳が同期していると2匹はなかよしになりじゃれつき続ける / Credit:Yiyuan Yang et al (2021) . Nature Neuroscience

上の動画は、2匹の脳を同じ5Hzのパルスで同期したとき(同期)の様子になります。

脳が同期状態にあるときには、2匹はほとんど「つかず離れず」の状態に陥りました。

そして互いの毛をグルーミング(毛づくろい)する友好的な振る舞いや、相手の匂いを頻繁に嗅ごうとする興味を感じているときの振る舞いが多く記録されます。

非同期になると2匹は互いに対する興味を失う
非同期になると2匹は互いに対する興味を失う / Credit:Yiyuan Yang et al (2021) . Nature Neuroscience

一方、上の動画では同じ2匹の脳を、片方を5Hz、もう片方を25Hzで刺激した時の様子になります。

脳が5Hzで同期していた時とは大きく異なり、2匹は互いに対する親愛さと興味を大きく失って、距離をとるようになりました。

また追加の実験により、研究者たちは他のランダムに選んだ2匹の社会的関係を、同期と非同期を用いてリアルタイムで親密にしたり疎遠にしたりと、遠隔操作できることを発見します。

この結果は、対象者たちの脳の同期が社会的関係性の形成において、重要な役割を果たしていることを示唆するとともに、社会的関係性のような高度な精神活動も外部入力を用いて操作できることを示します。

次ページ「友情」の制御

<

1

2

3

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!