マサイ族は「間違い電話」で友人を作る?
マサイ族は「間違い電話」で友人を作る? / Credit: Timothy D. Baird/Virginia Tech(2021)
society

マサイ族は「間違い電話」を利用して、友人やビジネスパートナーを作っていた

2021.07.06 Tuesday

‘Wrong number? Let’s chat’ Maasai herders in East Africa use misdials to make connections https://theconversation.com/wrong-number-lets-chat-maasai-herders-in-east-africa-use-misdials-to-make-connections-156167
Mobile phones and wrong numbers: how Maasai agro-pastoralists form and use accidental social ties in East Africa https://www.ecologyandsociety.org/vol26/iss2/art41/

知らない番号の電話には出ないようにしている人も多いでしょう。

しかし、東アフリカのサバンナに暮らすマサイ族は違います。

新たな研究で、マサイ族は間違い電話を利用することで、友人や仕事仲間をつくり、コミュニティの輪を広げていくことが明らかになりました。

「あっ、番号まちがえました。ところで友達にならない?」といったところでしょうか。

研究は、バージニア工科大学(Virginia Polytechnic Institute and State University)、コロラド大学ボルダー校 (University of Colorado Boulder)らにより、学術誌『Ecology and Society』に掲載されています。

間違い電話は「良いこと」の始まり?

マサイ族は、ケニアとタンザニアを中心に約200万人が暮らしています。

研究チームは、2018年から2019年にかけて、タンザニアで数百人のマサイ族にインタビューを行い、普段どのように携帯を使っているかを調べました。

その結果、マサイ族の中には、かける番号を間違えて知り合った人と社会的なつながりを形成している人が相当数いることが分かったのです。

「なぜ間違い電話を切らないのか」と調査員がたずねたところ、あるマサイは「良いことが起こるから(Good things happen )」と答えたと言います。

マサイ族の社会生活は家族間のつながりを中心にしています。

各グループが広いサバンナに散らばって生活しているため、そう簡単に他人と知り合うこともありません。

そこで間違い電話は、新たな出会いをつくるきっかけになるのです。

携帯で電話をするマサイの男性
携帯で電話をするマサイの男性 / Credit: Timothy D. Baird/Virginia Tech(2021)

調査員によると、マサイ族は間違い電話をかける頻度が多いと言います。

原因の一つに「識字率の低さ」があり、電話機のボタンの数字や文字に慣れていないために間違った番号を押しやすいとのこと。

また、電波へのアクセスが悪いことも誤発信の要因となっています。

それから、携帯の充電が切れた際に、他人の電話を借りて手入力することも大きな要因の一つです。

調査地域にある電波塔
調査地域にある電波塔 / Credit: Timothy D. Baird/Virginia Tech(2021)

しかしマサイ族は、間違って電話をかけた側も、かけられた側もすぐに電話を切ることはありません。

見知らぬ相手に興味を持ち、お互いの身分や情報を交換し合うのだそう。

約300人のマサイ族の男性を対象にした調査では、46%がこうした偶然の交友関係を持ったことがありました。

では、具体的にどんな「良いこと」があるのでしょうか?

次ページ具体的なメリットとは?

<

1

2

>

社会問題・社会哲学のニュースsociety news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!