ダイヤの中の空洞に別のダイヤが入った珍しいダイヤモンド
ダイヤの中の空洞に別のダイヤが入った珍しいダイヤモンド / Credit:Alrosa,Matryoshka diamond found in Yakutia(2019)
geoscience

ダイヤの中にまたダイヤがある奇跡の宝石「マトリョーシカ」

2021.07.20 Tuesday

Matryoshka diamond found in Yakutia(Alrosa) http://eng.alrosa.ru/58808/

自然界には、どうしてそうなった? とびっくりするような不思議なものが形成されることがあります。

ロシアのダイヤモンド採掘企業Alrosa(アルロサ)が、自社の採掘場から発見したのは、なんとダイヤモンドの中に別のダイヤモンドが閉じ込められた入れ子構造の珍しいダイヤモンドです。

ロシアの民芸品に似た入れ子構造を持つことから「マトリョーシカ」と名付けられたこのダイヤモンド。

いったいなぜ、このような不思議な構造が自然に作り出されたのでしょうか?

閉じ込められたダイヤモンド

マトリョーシカ・ダイヤモンドは、ロシアの国営ダイヤモンド会社アルロサが、ロシアのサハ共和国採掘場から発見しました。

サハ共和国はシベリア北東に位置する。旧称はヤクート。
サハ共和国はシベリア北東に位置する。旧称はヤクート。 / Credit:Wikipedia

これは外側のダイヤの内部が空洞になっていて、中には別のダイヤが閉じ込められています。

そのため、内部のダイヤは揺すると中で転がります。

中で転がるマトリョーシカ・ダイヤモンド
中で転がるマトリョーシカ・ダイヤモンド / Credit:Alrosa,Matryoshka diamond found in Yakutia(2019)

こうした入れ子構造は、発見地ロシアの民芸品人形「マトリョーシカ」に似ていることから、この宝石は「マトリョーシカ・ダイヤモンド」と呼ばれています。

複雑な構造をしていますが、重さはわずか0.62カラット(0.124グラム)で、最大寸法は4.8×4.9×2.8mmで、内部空洞の容積は6mm³です。

内部にあるダイヤは推定0.02カラット(0.004グラム)で、非常に小さいものです。

まるで人工的に作ったように見える、このマトリョーシカですが、調査によると自然に形成された宝石なのだといいます。

次ページ約8億年以上前に形成された

<

1

2

>

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!