多くの人はGoogle検索で得た知識をもともと自分の知識だったと勘違いしている
多くの人はGoogle検索で得た知識をもともと自分の知識だったと勘違いしている / Credit:canva
technology

現代人は「Google検索を自分の知識と勘違い」して自分が賢いと誤解していた

2021.11.01 Monday

We’re Not as Smart as Google Makes Us Think We Are https://medium.com/texas-mccombs/were-not-as-smart-as-google-makes-us-think-we-are-57ebeebbf135 Do you think with Google? People who use the search engine to find answers think they’re smarter because they mistake the internet’s knowledge for their own memory https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10145245/People-Google-think-theyre-smarter-really-study-shows.html?ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490&ito=1490
People mistake the internet’s knowledge for their own https://www.pnas.org/content/118/43/e2105061118

現代の人々は、「Google」を代表とする検索エンジンによって、常にオンライン情報とつながっています。

何かを知りたいと思ったときに、ネット検索を利用するのは、もはや当たり前のことでしょう。

しかし、テキサス大学オースティン校(UT Austin)の新しい研究は、そのために多くの人々は内部知識と外部知識の境界が曖昧になっていると報告しています。

現代の人々は、自分が実際に見つけ体験し、頭で考えたことと、ネット検索で得た知識の見分けがつかなくなっており、インターネットなしで自分がどれだけ知識を持っているかについて、正しい評価ができなくなっているというのです。

この研究の詳細は、10月26日付で学術誌『米国科学アカデミー紀要 (PNAS)』に掲載されています。

「無知の知」を忘れた現代人

哲学の父ソクラテスの像
哲学の父ソクラテスの像 / Credit:canva

かつて古代ギリシアの哲学者ソクラテスは「無知の知」という考え方の重要性を説きました。

これは「自分がいかに何も知らないかについて自覚しなさい」という意味です。

なにかを「知らない」人よりも、自分が「知らないことをわかっていない」人の方が、はるかに愚か者だとソクラテスは考えていたのです。

このため、ソクラテスは人々に自分がいかに無知であるか自覚させるために、通行人を質問攻めにして、答えられないと「ほら、お前は無知だ」とイチャモンをつけて回りました。

そのせいで、彼は迷惑者として処刑されてしまいますが、現代のネット上でソクラテスがこんな活動をしても、なかなかうまくはいかないかもしれません。

なぜなら、現代の人々は知らない知識に出会ったとき、すぐにネット検索して答えを見つけ出してしまうからです。

Googleに代表される検索エンジンを使えば、読めない漢字の読みから立秋が何月何日か、マイルとキロメートルの変換まで、あらゆる質問の答えが即座に出てきます。

これによって、私たちはなんでも知っているような気分になれます。

しかし、インターネットとの接続を断たれても、これらの質問に答えられる人はどれだけいるでしょうか?

古来より、人間が知識を得るためには、他者によって蓄えられてきた書物など外部の知識に頼る必要がありました。

しかし、オンライン検索は自身の思考と外部の情報とのインタフェースが非常に迅速であり、かつシームレスです

今回の研究を行ったテキサス大学オースティン校のエイドリアン・ワード(Adrian Ward)助教授は次のように述べています。

「Googleがあまりにも速いので、私たちは自分が何を知っていて何を知らないのかを考える機会がないのです」

また、多いのが自分の曖昧な記憶をGoogle検索で補うという行為です。

有名人の名前や作品タイトル、細かい数値情報など明確に思い出せないことがあっても、「あれなんだったっけ?」と検索をかけることで「ああ、そうだった」という感じに正確な情報を見つけ出すことができます。

このプロセスは、自分の記憶に検索をかけているように錯覚されるため、余計に人はネットの情報と自分の頭の中の情報を混同してしまうようになるのです。

では、実際に人々はどの程度、ネットの情報と自分の知識を混同しているのでしょうか?

これを確かめるため、ワード助教授はいくつかの実験を行いました。

次ページ自分の知性の誤認

<

1

2

>

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!