魅力の正体が解明! 生理的同期能力が人間を魅力的にみせていた
魅力の正体が解明! 生理的同期能力が人間を魅力的にみせていた / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
humanities

「異性への魅力の正体」は手汗などの生理的反応を同期させる能力だった

2021.11.03 Wednesday

The science of love: Copying body language on a date does NOT indicate attraction but ‘sweating in sync’ does, study reveals https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10153011/Sweating-sync-indicates-attraction-date-study-finds.html?ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490&ito=1490
Physiological synchrony is associated with attraction in a blind date setting https://www.nature.com/articles/s41562-021-01197-3

謎に包まれていた魅力の本質が解明されました。

オランダのライデン大学で行われた研究によれば、異性に魅力を感じるかどうかは、鼓動と手汗のにじみ出るパターンの同期に依存していたとのこと。

生理的反応を相手と同期させ感情をコピーする能力が、魅力の正体のようです。

研究内容の詳細は11月1日に『Nature Human Behaviour』に公開されています。

鼓動と手汗のにじむタイミングの同期が第一印象を魅力的にすると判明!

鼓動と手汗のにじむタイミングの同期が第一印象を魅力的にすると判明!
鼓動と手汗のにじむタイミングの同期が第一印象を魅力的にすると判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

魅力の正体は古くから謎でした。

原因は個人が感じる主観的な魅力と客観的な美の不一致です。

高レベルの美男美女が魅力的であるとされるのは確かですが、美しさのレベルと個人が感じる魅力は必ずしも一致しません。

そして観賞ではなく自分が実際に付き合う相手となると、人間はしばしば美しさよりも他の魅力を重視します。

美は遺伝子の健康さを示すバロメーターであり、重視される要素でありながら、決め手にはなりません。

そこで今回、ライデン大学の研究者たちは魅力の正体を確かめる、無謀かつ歴史的な試みに挑戦しました。

研究はまず、140人の男女を無作為に組み合わせて「初対面でデート」をさせることからはじまりました。

参加者の全員はデートをしている間、心拍数や手汗の量など生理的なデータが測定され、視線追跡機能のあるメガネの装着が求められました。

デートの時間は合計で4分間。そのうち前半の2分は会話が許されましたが、後半2分は会話ナシの、顔の表情やジェスチャーによる非言語的接触に限られました。

そしてデートが終わると参加者は相手の魅力を10段階で評価するよう求められ、最後にもう一度、デートしたいかどうかを尋ねられました。

結果、鼓動の増減と手汗の増減といった生理学的反応が同期した相手に対して、人間は最も魅力的だと判断すると判明。

さらに双方が2回目のデートを望む率は、鼓動と手汗の同期がみられた男女では17%となり、同期しなかった男女に比べて圧倒的に高いことも判明します。

つまり、はじめての出会いから2回目のデートにつながるかどうかは「魅力の高さと連動した生理的カップリング」の影響下にあることが示されました。

恋愛を試みた人ならば誰もがつまづく2回目のデート。

これまでの「デート学(人文学)」においては、表情や視線、ジェスチャー、服装を同期させることが魅力を高めると言われていましたが、初対面でのデートは、これらの同期は重要ではありませんでした。

問題は、その理由です。

なぜ鼓動や手汗といった生理的な現象の同期が魅力の高さと連動し、2回目のデートの成立を促したのでしょうか?

次ページ魅力の本質は機敏な生理的同期にある

<

1

2

3

>

人文学のニュースhumanities news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!