自分を抱きしめるとストレスレベルが下がると判明
自分を抱きしめるとストレスレベルが下がると判明 / Credit:Depositphotos
psychology

2021.12.05 Sunday

「愛のない抱擁」より「セルフタッチ」の方がストレスを低下させると判明 (3/3)

前ページ「セルフタッチ」と「見知らぬ人との抱擁」がストレスを低下させてくれる

<

1

2

3

>

ストレスを感じたときは両手で自分を抱きしめるべき

研究チームは、タッチがストレスを軽減させる理由を2点挙げています。

1つは、触覚によって迷走神経副交感神経系の活動が刺激され、ストレス反応が調整されるというもの。

もう1つは、触ることが社会とのつながりや安心感などを強く感じさせ、精神的な安定をもたらすというものです。

ストレスを感じたときの抱擁やセルフタッチは効果的
ストレスを感じたときの抱擁やセルフタッチは効果的 / Credit:Depositphotos

研究の結論として、ドライソーナー氏は次のように述べました。

「まず、人を抱きしめたり触ったりすることは、ストレスに対処するのに役立つと言えます。

例えば、試験や面接、病院での診察の際に、ハグしたりタッチしたりするのは効果的です。

またセルフタッチでも同様の効果が得られます

例えば、右手を心臓に、左手をお腹の上に置いて、その温かさや圧迫感に意識を集中させるなら、ストレスに対処できるでしょう」

そして今回の実験でセルフタッチの方が抱擁よりも効果が高かった理由は、「抱擁の相手が愛する人ではなく見知らぬ人だったから」だと推測しています。

ベストは愛する人からの抱擁ですが、自分ひとりでストレスと戦わなければいけない場合も多いでしょう。

そんな時は少しの間だけでも、自分を両手で抱きしめてあげてくださいね。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!