体液に触れると瞬時に固化するヒドロゲル
体液に触れると瞬時に固化するヒドロゲル / Credit:Depositphotos
medical
体液に触れると瞬時に固化する合成ハイドロゲルで速やかな止血を実現 https://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/20220307.html
Hemostatic capability of a novel tetra-polyethylene glycol hydrogel https://www.annalsofvascularsurgery.com/article/S0890-5096(22)00055-3/fulltext

2022.03.13 Sunday

血液に触れて瞬時に固まる止血剤「合成ヒドロゲル」を開発!

1分1秒を争う外科手術では、患者の出血を即座に止めることが肝心です。

しかし既存の止血剤では止血に長い時間を要するため、もっと迅速な止血手段が求められていました。

そこで、東京大学医学部附属病院 血管外科の大片 慎也(おおかた・しんや)氏ら研究チームは、体液に触れると瞬時に固化する合成ヒドロゲルを開発しました。

大量出血でも速やかに止血できるため、患者・医師双方の負担を軽減できます。

研究の詳細は、2022年3月3日付の科学雑誌『Annals of Vascular Surgery』に掲載されました。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

物理的には存在しない色!?「非スペクトル色」とは?

リスクを抑えて速やかに止血する方法

人や動物には、もともと出血を止める機能が備わっています。

これは血液凝固反応と呼ばれており、体外や血管外に出た血液が固まることで止血に至る現象です。

そのため、ちょっとした切り傷や鼻血などの「軽度の出血」であれば、自然と止血されます。

大量出血には止血剤や圧迫が必要
大量出血には止血剤や圧迫が必要 / Credit:Depositphotos

しかし太い静脈や動脈からの出血は、医師による圧迫や血管の縫合、また止血剤が必要となります。

しかも既存の止血剤にはいくつかの課題が残っています。

大量出血の場合は、止血剤を用いたとしても瞬時に止血できないのです。

さらに既存の止血剤には、ヒト血液成分が使用されているため、未知のウイルスによる感染症伝播のリスクも拭いきれません。

では、感染症リスクがなく、瞬時に止血できる方法はあるのでしょうか?

大片氏ら研究チームは、特殊なヒドロゲル(水を含むゲルの一種でハイドロゲルとも呼ばれる)を合成して、新たな止血剤を作り出しました。

次ページ血液に触れると瞬時に固化するヒドロゲル

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!