70歳の父親から2匹のガラパゴスゾウガメが誕生!
70歳の父親から2匹のガラパゴスゾウガメが誕生! / Credit: Bournemouth News & Picture Service/youtube(2022)
animals plants

70歳の父親と21歳の母親から赤ちゃんが誕生! 絶滅危惧「ガラパゴスゾウガメ」の新たな希望

2022.04.05 Tuesday

Two adorable Giant Galapagos tortoises are born at a British zoo for the first time, fathered by ‘Dirk’ – a 70-year-old male in ‘peak physical condition’ https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10675541/Two-adorable-Giant-Galapagos-tortoises-born-British-zoo-time.html Rare Baby Giant Tortoises Born at Crocodile Zoo https://www.crocodilesoftheworld.co.uk/latest-news/rare-baby-giant-tortoises-born-at-crocodile-zoo/

このほど、イギリスの動物園で初となるガラパゴスゾウガメの赤ちゃんのふ化が報告されました。

新たに誕生したのは2匹のゾウガメで、父親は70歳のオス、母親は21歳のメスと、歳の差のある両親から生を受けています。

絶滅が危惧されているガラパゴスゾウガメの存続に、新たな希望が誕生しました。

父親は70歳、母親は21歳の年の差コンビ

新たに生まれた赤ちゃんと父親のダーク
新たに生まれた赤ちゃんと父親のダーク / Credit: Bournemouth News & Picture Service/youtube(2022)

2匹が誕生したのは、イングランド南東部・オックスフォードシャーにある動物園「クロコダイルズ・オブ・ザ・ワールド(Crocodiles of the World)」です。

同園には2匹の親となるダーク(Dirk)とチャーリー(Charlie)のほか、ズズ(Zuzu)とイザベラ(Isabella)という2匹のメスが飼育されています。

4匹は2018年に、同園へと運ばれてきましたが、まだ繁殖には一度も成功していませんでした。

ダークは、1960年代に初めてイギリスにやってきた70歳のオスで、体重は165キロ。その年齢にもかかわらず「オスとして万全の体調を維持している」といいます。

飼育員は、年のわりに元気なダークに期待しており、ついに2021年11月、21歳の若いチャーリーとの交配、および産卵に成功しました。

年のわりに元気なダーク(70)
年のわりに元気なダーク(70) / Credit: Bournemouth News & Picture Service/youtube(2022)

爬虫類部門のリーダーであるジェイミー・ギルクス(Jamie Gilks)氏は「ガラパゴスゾウガメの繁殖に成功したことは、私個人だけでなく、すべての飼育員にとって、本当に大きな意味を持つ」と指摘。

また「ふ卵器を開けて、殻のひび割れをのぞいてみたり、その中で動く赤ちゃんを見たりした経験は、言葉で言い表せないほど感動的で、私たちの心に長く残る瞬間となりました」と続けています。

そして先日、2匹の赤ちゃんが無事卵からかえっています。

体重はそれぞれ67gと69gで、サイズ重さともに「キウイフルーツと同じくらい」とのこと。

名前はまだ未定ですが、飼育員は、乾燥した草やオプンティア(サボテンの一種)、雑草、葉物野菜などを与えながら、片時も離れず、注意深く見守っています。

新たに生まれた2匹のゾウガメ
新たに生まれた2匹のゾウガメ / Credit: Bournemouth News & Picture Service/youtube(2022)

同園の創設者であるショーン・フォゲット(Shaun Foggett)氏は、今回の偉業について、「2018年に彼らが仲間入りして以来、私たちはずっと、この日を待ち望んでいた」と言います。

「乱獲や外来種による卵の捕食などが原因で、彼らは今も不確かな未来に直面していますが、繁殖に成功したことは、ガラパゴスゾウガメの保護支援に向けた大きな成果です」と述べました。

種の存続を救う「新たな希望」となるか?

種の存続を救う存在となるか
種の存続を救う存在となるか / Credit: Bournemouth News & Picture Service/youtube(2022)

ガラパゴスゾウガメは、ナンベイリクガメ属に分類される種のうち、南米エクアドル沖のガラパゴス諸島にいる複数種をまとめて指します。

およそ2〜300万年前に南米大陸からガラパゴス諸島に上陸し、その後、少なくとも14種に分岐しました。

現存するカメの中で世界最大とされ、最大甲長135センチ、体重400キロ平均寿命は100歳を超えます。

その一方、19世紀に約20万匹いた世界のガラパゴスゾウガメは、現在、約1万5000匹に激減しており、常に絶滅が危惧されています。

そのため、今回生まれた2匹の赤ちゃんは、種の存続を救う”新たな希望”となるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!