中国の歴史書から「最古のオーロラ記録」を発見
中国の歴史書から「最古のオーロラ記録」を発見 / Credit: canva, 国立国会図書館-National Diet Library
space

古代中国の歴史書に「最古のオーロラ記録」を発見! なぜ中国にオーロラが?

2022.04.17 Sunday

Earliest Known Report of Aurora Found in Ancient Chinese Chronicle http://www.sci-news.com/space/bamboo-annals-aurora-10703.html オーロラが教えてくれる宇宙のこと http://shochou-kaigi.org/interview/interview_15/(JcRIC)
A candidate auroral report in the Bamboo Annals, indicating a possible extreme space weather event in the early 10th century BCE https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0273117722000229

古代中国から伝わる竹書紀年』(ちくしょきねん)は、紀元前2400年ころの伝説時代から、紀元前299年ころの戦国時代にいたるまでを記録した歴史書です。

司馬遷の『史記』と並んで古代中国の最重要資料となっていますが、このほど、『竹書紀年』の中に、人類が記した現状最古となるオーロラの観測記録が見つかった、と発表されました。

記述には「夜空に五色の光が輝いた」という内容が見られたようです。

研究の詳細は、2022年1月17日付で科学雑誌『Advances in Space Research』に掲載されています。

記録上最古のオーロラを発見!

今回の『竹書紀年』の調査は、名古屋大学の早川尚志(はやかわ・ひさし)氏と、ペンシルバニア大学考古学・人類学博物館(Penn Museum)のマリヌス・アンソニー・ファン・デル・スルイユス(Marinus Anthony van der Sluijs)氏によって行われました。

両氏によると、『竹書紀年』のあるページに、「周王朝(紀元前1046〜紀元前256)の昭王(在位:紀元前995〜977)の治世の終わり頃、北側の夜空に”5色の光”が輝いた」という旨の記述が見つかったという。

記述の詳細な分析の結果、観測地は周の都・鎬京(こうけい、北緯34度14分・東経108度46分)の上空で、年代は紀元前977年か957年のいずれかと見られます。

これは、過去に報告されたオーロラ観測に関する最古の記録となります。

オーロラの記述が見られる『竹書紀年』のページ
オーロラの記述が見られる『竹書紀年』のページ / Credit: 国立国会図書館-National Diet Library

これまでは、アッシリア(今日のイラク北部)の天文学者が楔形石板に刻んだ、紀元前679〜655年の間のオーロラ記録が最古のものでした。

今回の記述は、それを300年ほど遡ることになります。

古代のオーロラ記録は他にもあり、新バビロニア国王・ネブカドネザル2世の天文日記に記された、紀元前567年の記述も有名です。

周王朝の昭王
周王朝の昭王 / Credit: ja.wikipedia

『竹書紀年』のオーロラ記録の発見にこれほど時間がかかった要因について、両氏は「原本が紛失と再発見を繰り返した」ことをあげています。

『竹書紀年』は、漢代(紀元前206〜紀元後220)に一度散逸し、3世紀後半に再び発見されたのち、北宋(960〜1127)の時代に再び失われました。

そして清王朝(1616〜1912)で再び収集され始め、原本の復元は今でも続いています。

また、「古代のオーロラの物理的な正体と年代に関する解釈に一致が見られないため、あまり科学的な関心を集めてこなかった」とも指摘します。

しかし最も気になるのは、オーロラが発生した「場所」です。

普通、オーロラと言えば、北極南極の極圏で見られますが、なぜ古代の中国で見られたのでしょうか?

次ページどうして極圏より低い場所でオーロラが発生するのか?

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!