編隊飛行できるドローン
編隊飛行できるドローン / Credit:XIN ZHOU(Zhejiang University)et al., Science Robotics(2022)
technology

まるでSF! 竹林で編隊を組んで飛行するドローン隊 (2/2)

2022.05.06 Friday

前ページ編隊を組んで飛行するドローン

<

1

2

>

情報共有しながら最善のルートを飛行するドローン隊

ドローンには、距離情報を取得する「深度カメラ」や高度を計測する「高度センサー」が備わっています。

そして得られた情報をドローン隊で共有し、周囲の地図を作成。

これにより1機だけでは導き出せない「最善のルート」を算出できるのです。

共有された情報で各ドローンのルートが決定されるため、隊形が崩れないのですね。

情報を共有して最善のルートを算出する
情報を共有して最善のルートを算出する / Credit:XIN ZHOU(Zhejiang University)et al., Science Robotics(2022)

しかも各ドローンは、GPSなどの外部情報に依存していません

そのため自然災害時などでも、ドローン隊が現地の情報を集めつつ、その場で最善の決定を下せます

例えば、地震の被災地にドローン隊が送り込まれると、被害状況を確認し、どこに救援を送るべきか、被災者をどこに送り届けるべきか判断できるでしょう。

飛行時間が限られるドローンだからこそ、群体による素早いアプローチと判断が効果的なのです。

隊形を保ちつつ追跡する
隊形を保ちつつ追跡する / Credit:XIN ZHOU(Zhejiang University)et al., Science Robotics(2022)

また、ドローン隊の能力は追跡任務でも役立ちます

ドローン群体のうち、1機さえターゲットを見失わなければ目的を達成できるからです。

どんな動物や人間も、広範囲にアンテナを張り巡らすドローン隊から逃れることなどできないでしょう。

さて、ここまで考えると、編隊飛行できるドローンが今後どのように利用されるのか気になるかもしれません。

研究チームは、自然保護や救援活動に言及していますが、軍事に利用される可能性は大いにあります。

もしかしたら将来、武器を搭載した自律型ドローン隊がチームプレイしながら、人々を襲うことがあるかもしれません。

まるでSFのような内容ですが、現在、技術的にはほぼクリアしています。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!