脳スキャンでその人の政治的スタンスが分かる
脳スキャンでその人の政治的スタンスが分かる / Credit:Depositphotos
brain

脳活動と政治思想には関連があった! 保守・リベラルを脳スキャンで判定することに成功

2022.06.03 Friday

Brain scans remarkably good at predicting political ideology https://news.osu.edu/brain-scans-remarkably-good-at-predicting-political-ideology/
Functional Connectivity Signatures of Political Ideology https://academic.oup.com/pnasnexus/advance-article/doi/10.1093/pnasnexus/pgac066/6590843

人の考え方と脳の働きには密接な関係があります。

この傾向は、その人の政治イデオロギー(政治的な思想や主義)にも当てはまるかもしれません。

アメリカ・オハイオ州立大学(OSU)に所属する政治学者スカイラー・クランマー氏ら研究チームは、脳スキャンによって、その人が保守派(または右翼)か、リベラル派(または左翼)か正確に見分けられると発表しました。

研究の詳細は、2022年5月23日付の学術誌『PNAS Nexus』に掲載されています。

脳スキャンで政治イデオロギーが分かるか?

政治に対する人々のスタンスは、大きく2種類に分けられます。

1つは保守(または右翼)であり、旧来の風習や伝統を重んじる考えです。

そしてもう1つは、リベラル(または左翼)であり、個人の自由や革新を目指した考えをもっています。

またどちらのタイプだとしても、「過激派」「穏健派」など、程度にも差があります。

では、こうした政治イデオロギーとの働きにはどのような関係があるのでしょうか?

fMRIで脳活動と政治イデオロギーの関連性を調査する
fMRIで脳活動と政治イデオロギーの関連性を調査する / Credit:Depositphotos

研究チームは、この点を研究するため、174人の参加者の脳をfMRIでスキャンしました。

これまでにも同様の研究が実施されてきましたが、fMRIを使った研究としては過去最大規模のものとなっています。

今回の実験では、参加者たちにfMRIの中で8つのタスク(政治的なものではなく、科学実験に利用される標準的なもの)をこなしてもらいました。

そしてタスク中の脳活動と、自己申告した6段階の政治的スタンス(極めて保守~極めてリベラルまで)を比較したのです。

次ページ脳活動と政治的スタンスは関連あり!悪用すればディストピアが誕生する?

<

1

2

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!