ニワトリが家畜化された時期が判明
ニワトリが家畜化された時期が判明 / Credit: canva
animals plants
New evidence about when, where, and how chickens were domesticated https://phys.org/news/2022-06-evidence-chickens-domesticated.html A new origin story for domesticated chickens starts in rice fields 3,500 years ago https://www.sciencenews.org/article/chicken-domestication-bones-origin-asia-rice-fields-exotic-animals
The biocultural origins and dispersal of domestic chickens https://www.pnas.org/doi/full/10.1073/pnas.2121978119 Redefining the timing and circumstances of the chicken’s introduction to Europe and north-west Africa https://www.cambridge.org/core/journals/antiquity/article/redefining-the-timing-and-circumstances-of-the-chickens-introduction-to-europe-and-northwest-africa/0797DAA570D51D988B0514C37C2EC534#figures

2022.06.08 Wednesday

「家畜ニワトリ」の誕生時期が判明! 実は驚くほど最近だった!

ニワトリ(学名:Gallus gallus domesticus)は今や、私たちの生活に欠かせない存在となっています。

これまでの研究によると、ニワトリは、中国および東南アジアでは約1万年前に、ヨーロッパでは約7000年前に家畜化されていたと言われていました。

ところが今回の新たな研究により、この数字が大幅に間違っていたこと、さらに、ニワトリの家畜化は驚くほど最近であったことが明らかになったのです。

ドイツ・イギリス・フランスの国際研究チームによると、ニワトリの家畜化は、約3600年ほど前の東南アジア(タイ)で始まったと判明。

さらに、当初ニワトリは食用ではなく、文化的な崇拝対象として西洋に伝わったことが示されました。

研究の詳細は、2022年6月6日付で科学雑誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』、および6月7日付で科学雑誌『Antiquity』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

「重いものと軽いものが同時に落ちるのはなぜ?」重力の不思議な性質を解説!

家畜化のきっかけは「稲作」だった?

セキショクヤケイ
セキショクヤケイ / Credit: ja.wikipedia

2020年の遺伝子研究で、ニワトリの誕生は、東南アジアのジャングルに生息するキジの一種「セキショクヤケイ(Red Junglefowl)」が家畜化された結果であることが示されています。

しかし一方で、その家畜化の時期については諸説あり正確に特定されていません。

そこで研究チームは今回、世界の89カ国にある600カ所以上の遺跡から発見されたニワトリの遺骨を収集し、再分析。

ニワトリの骨格から埋葬場所、骨が見つかった地域の社会・文化といった歴史的背景なども綿密に調査しました。

その結果、最も古いニワトリの骨は、タイ中部にあるバン・ノン・ワット(Ban Non Wat)遺跡のもので、年代は紀元前1650年〜1250年頃と判明したのです。

これは、文献に記された記録などを根拠に先行研究が示してきた年代よりはるかに最近のことです。

稲作を機にヤケイと人の距離が縮まった?
稲作を機にヤケイと人の距離が縮まった? / Credit: canva

チームはまた、家畜化の原動力となったのは、東南アジアに伝来した「稲作」であると指摘します。

バン・ノン・ワット遺跡ではかつて、陸稲(りくとう、畑で栽培される稲)の耕作が行われていました。

陸稲は、水田で栽培される水稲(すいとう)とは違い、季節雨の浸み込んだ高地の土壌に稲を植えます。

そこで出来た米粒は、周囲の森にいたセキショクヤケイの格好の餌となったでしょう。

こうして、ヤケイ(野鶏)と人との接触が次第に緊密なものとなり、家畜化への道を切り拓いたと考えられるのです。

そして、約3600年ほど前に家畜化されたニワトリが誕生したと推測されます。

その後、東南アジアから南アジア、中国、そして現在のイランやイラクへとニワトリが伝わったのは、約3000年前と見られています。

では、ヨーロッパやアフリカへは、いつ頃ニワトリが伝わったのでしょうか?

次ページ渡来初期のニワトリは「食用」でなく「崇拝」されていた

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!