現代で核戦争が勃発したら人類はどうなる?
現代で核戦争が勃発したら人類はどうなる? / Credit: canva
society
Even If You Survive Nuclear War, The Famine Will Probably Kill You https://www.iflscience.com/even-if-you-survive-nuclear-war-the-famine-will-probably-kill-you-64894 Nuclear war between two nations could spark global famine https://www.nature.com/articles/d41586-022-02219-4
Even a small nuclear war threatens food security https://www.nature.com/articles/s43016-022-00575-y

2022.08.21 Sunday

現代で「核戦争」が起きたらどうなる?最新研究が被害をリアルシミュレーション!

日本が唯一の戦争被爆国となってから、今年の8月15日で、77回目となる”終戦の日”を迎えました。

あの日以来、私たちは恒久平和を誓ったはずですが、今日、ロシアのウクライナ侵攻や台湾を巡る米中の緊張関係の悪化など、きな臭い雰囲気が世界中に漂っています。

その中で危惧される最悪のシナリオは「核戦争の勃発」です。

核の危機といえば、世界がアメリカと旧ソ連に二極化された「冷戦時代」を想起させますが、現代の私たちにとっても無関係な話ではありません。

そこで米ミネソタ大学(University of Minnesota)、ラトガーズ大学(Rutgers University)の研究チームは、核戦争が現代世界に及ぼす影響について、改めてシミュレーションを行いました。

果たして、核戦争はどれほど脅威的なのでしょうか?

研究の詳細は、2022年8月15日付で科学雑誌『Nature Food』に掲載されています。

米露の全面戦争で50億人が飢餓に見舞われる

核戦争は、爆発による直接死から、放射能による間接死、それから環境汚染による後遺症まで、あらゆる方法で命を奪います。

研究チームは今回、爆弾が落とされた戦地から、遠く離れた場所に至るまで、核の影響がどの範囲まで及ぶかを探ろうと考えました。

そこで、核戦争後に世界各地の気候がどのように変化し、人々の生活にどれほどの影響が出るかをモデル化しました。

チームは、現在の核保有国(アメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス、インド、パキスタン、北朝鮮)と各国間の緊張関係から、実際に起こりうる6つの戦争シナリオを考案し、分析。

(※ 公表はしていないが、イスラエルも核兵器の保有が広く確実視されている)

その結果、それぞれのシナリオで異なる量の煤(すす)が大気中に放たれ、地球の平均温度が最低1℃〜最大16℃低下すると算出されました。

煤による寒冷化の影響は、10年以上続く可能性があります。

最も顕著な変化は、煤により地球規模で寒冷化が起きること
最も顕著な変化は、煤により地球規模で寒冷化が起きること / Credit: canva

今回、最も小規模のシナリオとされたのはインド・パキスタン間におけるカシミール地方の紛争をきっかけに勃発する核戦争です。

本当に勃発した場合、ここでどれほどの核兵器が使用されるかは不明ですが、もし100発使われたなら、直接的な死者数は2700万人に達すると試算されました。

また、核兵器の数によって、500万〜4700万トンの煤が大気中に放たれ、上空を覆うと予想されています。

さらに、最大規模になると予測されるのはアメリカ・ロシア間の全面戦争では、約1億5000万トンの煤が発生し、地球規模で広がると考えられます。

そうなると、映画『ブレードランナー』や『マトリックス』で描かれたように、暗闇に閉ざされた空と酸性雨が降りしきることになるでしょう。

『ブレードランナー」オープニングのワンシーンより
『ブレードランナー」オープニングのワンシーンより / Credit: 4K HDR Media – Blade Runner – Opening Scene(youtube, 2018)

当然ながら、煤による寒冷化で作物は育たなくなり、放射能汚染により、農業や漁業に大きな被害が出ると予測されます。

そこでチームは、国際連合食糧農業機関(FAO)のデータを使って、核戦争後の農作物の収穫量と漁獲量の減少が、人々の栄養状態にどのような影響を及ぼすかを計算しました。

本研究では、家畜用の作物を人用に回したり、バイオ燃料用の作物(トウモロコシやナタネ)を食用に再利用して、フードロスを削減することを想定しています。

また、各国が食料の輸出をやめて、自国民を養うために、国際貿易が停止すると仮定しました。

その結果、インド・パキスタン間の核戦争で500万トンの煤が発生した場合、世界全体の食物生産量は、戦後5年間で7%減少すると試算されました。

7%の減少ですと、戦後2年間で約2億5500万人が栄養不足で死亡し、全体では約20億人が食料確保が困難になると考えられます。

そして、最悪のシナリオである米ロの戦争であれば、戦後3〜4年間で、食物生産量が90%低下し、50億人が食糧難に陥ると推定されました。

では、実際に核戦争が勃発してしまった場合、最も被害が少なく、安全な場所はどこになるのでしょうか?

次ページ核戦争後の数少ない楽園は「オーストラリア」?

<

1

2

>

社会問題・社会哲学のニュースsociety news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!