ハロウィンの起源はどこにある?
ハロウィンの起源はどこにある? / Credit: canva
history archeology
The history of Halloween Pumpkins – Why do we carve pumpkins? https://www.zmescience.com/other/feature-post/halloween-pumpkins/

2022.10.30 Sunday

ハロウィンの起源とは?「ジャック・オ・ランタン」の誕生秘話

来たる10月31日は、ハロウィンの日です。

興味の差こそあれ、仮装したり、お菓子を配ったり、カボチャの置物を飾ったりする程度なら、ほとんどの人が知っているはず。

しかし、ハロウィンがいつ、どこで始まったお祭りなのか? なぜカボチャが好まれるのか? を知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?

ここでは、ハロウィン誕生の起源や、カボチャのランタンを作るようになった背景について解説します。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

ハロウィンの起源は2000年以上前の「ケルト文化」に遡る

ハロウィンの起源はとても古く、紀元前のケルト文化にまで遡ります。

古代ケルト人は、収穫期の終わる10月31日を「年末」、冬が始まる11月1日を「年始」と捉えていました。

そこで、秋の収穫物を集めて、1年の終わりと始まりを盛大に祝う「サウィン(Samhain)」というお祭りを伝統としていたのです。

サウィンは、10月31日の日没〜11月1日の日没まで続き、収穫した作物や家畜がご馳走として供されました。

また、10月31日は、あの世から死者の魂が帰って来て、現世と異界がつながる日とも考えられています。

サウィン祭ではかがり火も焚かれる
サウィン祭ではかがり火も焚かれる / Credit: ja.wikipedia

サウィンは、ケルト民族を中心にずっと続いていきますが、紀元後にキリスト教が勢力を拡大すると、4世紀頃に「諸聖人の日(All Saints’ Day)」ー古くは「万聖節」ーという祭日が始まりました。

諸聖人の日は、英語で「オール・ハロウズ(All Hallows)」とも呼ばれ、11月1日にすべての聖人と殉教者を祝うことを習慣とした、カトリック教会の祝祭日です。

西ヨーロッパに進出したキリスト教徒は、土着のケルト民族と出会い、彼らを改宗させようとしました。

そして、ケルト民族が教化される中で、彼ら独自の「サウィン」とキリスト教の「諸聖人の日」が繋がり始めます。

この頃に、10月31日から始まるサウィンが、オール・ハロウズ(All Hallows)の前夜祭、つまり「オール・ハロウズ・イブ(All Hallows Eve)」となりました。

その後、オール・ハロウズ・イブは、19世紀のヨーロッパ移民によって北アメリカに持ち込まれ、現地で定着する中で、オール・ハロウズ・イブ→ハロウ・イブ→ハロウィンと徐々になまっていきます。

こうして、今日知られる「ハロウィン(Halloween)」の呼称が誕生したのです。

ですから、ハロウィンとは、古代ケルト人の信仰とキリスト教の儀式が混ざり合った、ハイブリッドなお祭りと言えるでしょう。

次ページカボチャの置物「ジャック・オ・ランタン」を生んだ伝承とは?

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!