なぜ鳥には歯がないの?
なぜ鳥には歯がないの? / Credit: jp.depositphotos
animals plants

なぜ鳥は進化の中で「歯」を捨てたのか?

2021.03.23 Tuesday

Why Don’t Birds Have Teeth? https://www.scienceabc.com/nature/animals/why-dont-birds-have-teeth.html

鳥のクチバシは、色も形も大きさも多彩で、エサを裂いたり、木の実を割ったり、花の蜜を吸ったりと何でもこなせます。

ただし、食べ物を「噛む」こと以外は。

現生鳥類には、クチバシに歯がついておらず、エサを咀嚼することができません。

その代わり、砂や小石を飲み込んで事前に砂肝をつくり、そこでエサを消化する種もいます。

しかし、なぜ鳥には歯がないのでしょうか?

昔は鳥にも歯があった!

鳥類の祖先をさかのぼれば、ティラノサウルスやヴェロキラプトルといった獣脚類恐竜にたどり着きます。

獣脚類は非常にどう猛な種が多く、もちろん肉を噛み砕く鋭い歯をもっていました。

しかしどういうわけか、彼らは牙を失くした鳥へと進化していきます。

恐竜と鳥類の共通祖先は、約1億5000万年前に生息していた始祖鳥で、その時点では歯がありました。

それから、白亜紀後期 (9300万〜6500万年前) に存在したイクチオルニス化石にも、まだ歯が確認されています。

「イクチオルニス」の骨格の復元図
「イクチオルニス」の骨格の復元図 / Credit: ja.wikipedia

しかし、イクチオルニスは進化の「中間段階」にあり、前に伸びたクチバシには歯がなく、残った歯は奥の方に集中していました。

これはクチバシの発達と、歯の喪失が同時期に始まったことを示します。

では、鳥はどうやって歯を失くしたのでしょうか?

次ページ歯をつくる遺伝子を「不活性化」させていた

<

1

2

3

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!