伸縮性のある高解像度ディスプレイ
伸縮性のある高解像度ディスプレイ / Credit:LG Display
technology
LG Display Unveils the World’s First High-Resolution Stretchable Display https://news.lgdisplay.com/global/2022/11/lg-display-unveils-the-worlds-first-high-resolution-stretchable-display/

2022.11.11 Friday

伸縮性のある布みたいな「高解像度ディスプレイ」が開発される

近年では、「折り畳み式ディスプレイ」「回転式ディスプレイ」など、さまざまな電子機器が登場しています。

そして最近、韓国の液晶ディスプレイメーカー「LGディスプレイ」が、伸縮性のある柔らかいディスプレイを発表しました。

使用中に伸ばしたり曲げたりと、自由自在に変形させられます。

詳細は2022年11月8日付で、LGディスプレイ社の『プレスリリース』にて発表されました。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

「シュレーディンガーの猫」って結局どういう話なの? モヤモヤする部分を解説!

世界初の伸縮可能な高解像度ディスプレイ

LGディスプレイ社が開発した新しいディスプレイは、コンタクトレンズに使用される特殊なシリコンを素材として作成されています。

これにより20%の伸縮性を備えています。

つまり12インチの画面であれば14インチまで引き延ばすことができるのです。

高解像度で20%の伸縮性を備える
高解像度で20%の伸縮性を備える / Credit:LGディスプレイ

もちろん、伸縮性のあるディスプレイが開発されたのは、これが初めてではありません。

それでも従来の伸縮性ディスプレイのほとんどは解像度が低く、美しい映像を映し出すには至らなかったようです。

しかし今回開発されたディスプレイは高解像度を特徴としており、一般的なPCディスプレイと同程度の解像度100ppiを備えています。

またゴムのような柔軟性があり、ねじったり曲げたりしてもディスプレイは破損しません。

曲げやねじりに対応。さまざまな応用が可能に。
曲げやねじりに対応。さまざまな応用が可能に。 / Credit:LGディスプレイ

内部には光源としてmicroLEDが搭載されており、従来の直線配線方式とは異なる「柔軟性のあるS字型配線」を採用。

これにより、何度も繰り返される形状変化に耐えられるのだとか。

この新しい技術は、今後の製品開発に大きな影響を与えることでしょう。

例えば、丸めて収納できるスマホやタブレット機器なども可能かもしれません。

また、衣類や車両、航空機、家具などの曲面にもディスプレイを取り付けられるでしょう。

もしかしたら、身体の一部である皮膚にさえディプレイを埋め込むことができるかもしれません。

新しい「伸縮可能なディスプレイ」自体には、まだまだ多くの改善点がありますが、ファッション、ウェアラブルデバイス、モビリティ、ゲームなどのさまざまな分野で応用が期待されます。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!