多目的宇宙ステーション「オービタルリーフ」のイメージ
多目的宇宙ステーション「オービタルリーフ」のイメージ / Credit:Sierra Space
space
‘orbital reef’ floats in space as business center with lodgings, parks, & research hubs https://www.designboom.com/technology/orbital-reef-sierra-space-blue-origin-dream-chaser-01-03-2023/#

2023.01.06 Friday

宇宙ビジネスを加速させる「宇宙のオフィスビル」の開発計画

「民間人の宇宙旅行」の実現により、ついに宇宙ビジネスが始まりました。

このビジネスを拡大するには、宇宙での滞在場所も必要になるでしょう。

アメリカの航空宇宙企業「Sierra Space」は、高度402kmの低軌道に多目的宇宙ステーション「オービタルリーフ」を建造する計画を進めています。

ここには観光ビジネス・研究開発・商業に携わる企業が参入する予定であり、地球上の一般的なビジネス総合施設を宇宙にそのまま移転させるような計画だと言えます。

まるで夢のような企画ですが、Sierra Space社は本気であり、「今後10年以内に運用を開始する」と主張しています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説

宇宙のオフィス・商業複合施設「オービタルリーフ」

月や火星への移住は実現できる?
月や火星への移住は実現できる? / Credit:Canva

人類は地球の外で暮らす方法を探し続けています。

ところが宇宙に到達したのは未だ600人ほどで、月面を歩いたのはたったの12人です。

そして現在、宇宙空間で生活し働いている人は15人未満です。

こうした現状を考えると、「人類が火星や月に移住する」「ガンダムに出てくるようなスペースコロニーで生活する」ことなど、夢のまた夢に思えるのも無理はありません。

とはいえ、進展がないわけはありません。

例えば、近年では民間人の宇宙旅行が実現しています。

日本であれば、前澤友作氏の宇宙旅行と国際宇宙ステーション(ISS)での滞在が大きな話題を呼びました。

こうした傾向は、宇宙ビジネスに多くの経営者や企業が目を向けていることの証拠です。

そしてSierra Space社は、これら宇宙ビジネスの拡大をさらに加速させようと考えています。

彼らは現在、宇宙ビジネスの総合施設「オービタルリーフ(Orbital Reef)」の建設を計画中なのです。

開発中の「オービタルリーフ」イメージ
開発中の「オービタルリーフ」イメージ / Credit:Sierra Space

オービタルリーフは高度402kmの低軌道にある多目的宇宙ステーションです。

国際宇宙ステーション(ISS)の軌道高度が408kmなので、ほぼ同じ位置にあると言えます。

ISSの目的が実験や研究、天体観測なのに対し、オービタルリーフの目的は、企業による研究開発、宇宙旅行者を対象にした商業、宿泊、観光など多岐にわたります。

オービタルリーフの区画をリース・購入し、ビジネスに利用できる
オービタルリーフの区画をリース・購入し、ビジネスに利用できる / Credit:Sierra Space

地上のオフィスビルや複合商業施設と同じく、ビジネスオーナーたちがオービタルリーフの一部をリース契約したり購入したりして、「宇宙ホテル」や「宇宙での映画製作」など、独自のビジネスを展開できるというわけです。

Sierra Space社によると、「ここを訪れる人々は、宇宙ならではの仕事を行ったり、休憩中に宇宙空間を眺めながら食事を楽しんだりできます。リラックスするための緑地さえあるでしょう」とのこと。

植物を育てたり研究開発を行ったりできる。ホテルビジネスも可能
植物を育てたり研究開発を行ったりできる。ホテルビジネスも可能 / Credit:Sierra Space

オービタルリーフの誕生は、宇宙旅行者の増加だけでなく、宇宙で暮らしながら働く人が増加することを意味します。

もしかしたら近い将来では、海外出張と同じように、民間人の「地球外出張」があるのかもしれませんね。

それも調理師、農家、映画監督、ホテリエ(ホテルマン)、整備士、研究者などさまざまな職業が求められるのです。

こうした宇宙ビジネスの発展と競争は新たなニーズや技術を生み出すでしょう。

大きな観点では「火星移住やスペースコロニーの実現」を近づけるものとなるかもしれません。

オービタルリーフに人々を運ぶ宇宙船「ドリームチェイサー」イメージ
オービタルリーフに人々を運ぶ宇宙船「ドリームチェイサー」イメージ / Credit:Sierra Space

では、オービタルリーフは本当に実現するのでしょうか?

既に他の宇宙ステーションが存在していることを考えると、技術的には問題ないのかもしれませんが、コスト面や運用面で未知数な部分は多くあります。

それでもSierra Space社は、「オービタルリーフ」と人々をそこまで運ぶ超音速スペースプレーン「ドリームチェイサー」について、「現在開発中」「今後10年以内に運用を開始する」と主張しており、本気の姿勢を見せています。

スペースプレーンは再利用可能な機体で、最大15回の往復飛行ができ12人の乗客を運ぶことができるとのこと。

莫大なコストがかかるこのプロジェクトが本当に実現するのか、今後10年間の進展を見守りたいものです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!