自転車用エアバッグ「スタン」
自転車用エアバッグ「スタン」 / Credit:In&Motion
product
Bicycle airbag backpack blows up womb-like head and neck protection https://newatlas.com/bicycles/in-motion-stan-bicycle-airbag-backpack/

2023.01.24 Tuesday

”展開時間0.1秒”頭と首を瞬時に守る自転車用エアバッグ

日本では、2023年4月から自転車用ヘルメットの着用が努力義務化されます。

自転車の安全については世界中で度々議論されてきました。

こうした中で、エアバックを開発しているフランスの会社「In&Motion」は、自転車用エアバッグ「スタン(Stan)」を発表しました。

事故や衝撃を瞬時に察知し、わずか0.1秒で頭と首を保護してくれます。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

サイクリストを守る自転車用エアバッグ「スタン」

自転車におけるヘルメット非着用者率(死傷者)の推移
自転車におけるヘルメット非着用者率(死傷者)の推移 / Credit:警察庁交通局_令和3年における交通事故の発生状況等について(2022)(PDF)

警察庁の2021年の統計(PDF)によると、日本の自転車乗用中の死傷者のうち、ヘルメットを着用していなかった人の割合は全体で88.5%でした。

特に高校生や65歳以上の高齢者は、9割以上が非着用だったと判明しています。

こうした傾向は、ユーザーがヘルメットを「ダサい」「煩わしい」と感じていることの現れなのかもしれません。

自転車用ヘルメットを装着したがらない人は多い
自転車用ヘルメットを装着したがらない人は多い / Credit:Canva

2023年4月からは着用が努力義務化されるため、着用率自体は改善されるでしょう。

ただし、「ダサい」「煩わしい」といった人々の感覚までは、大きく変化しないかもしれません。

下の地図はヘルメット着用の義務がない国を緑、義務化されている国を赤で塗っています。

こうしてみると、世界ではヘルメット着用を法律で義務化している国は少数であることがわかります。

国別の自転車用ヘルメットに関する法律。(緑)法的制限なし、(青)一部現地法が適用、(オレンジ)子供のみ。他の現地法が存在する可能性あり、(紫)部分的に適用、(ピンク)必須であるが罰金は適用されない、(赤)必須
国別の自転車用ヘルメットに関する法律。(緑)法的制限なし、(青)一部現地法が適用、(オレンジ)子供のみ。他の現地法が存在する可能性あり、(紫)部分的に適用、(ピンク)必須であるが罰金は適用されない、(赤)必須 / Credit:Writelikeyouarerunningoutoftime(Wikipedia)_国別の自転車用ヘルメットに関する法律

安全のためには当然ヘルメットを着用した方がいいのは確かです。しかし着用の義務化については賛否両論です。

In&Motion社は、こうした世界の現状に全く新しい風を吹き込もうとしています。

彼らは2014年の創業以来、さまざまなスポーツ活動に向けたエアバッグを開発してきました。

一見普通のリュックに見える
一見普通のリュックに見える / Credit:In&Motion

そして今回、それらの技術を詰め込んだ自転車用エアバッグ「スタン」を発表したのです。

スタンは一見すると、普通のリュックサック(バックパックとも言う)です。

しかし内部には電子モジュールが搭載されており、事故やサイクリストの落下を瞬時に予測・検出

0.1秒で展開し上半身を守る
0.1秒で展開し上半身を守る / Credit:In&Motion

わずか0.1秒で頭、首、胸、背中を覆うエアバッグを展開してくれます。

防護性能も非常に高く、ヘルメットと比較して頭部損傷のリスクを80%も低減できると言われています。

ヘルメットとエアバッグで保護された頭部の衝撃比較
ヘルメットとエアバッグで保護された頭部の衝撃比較 / Credit:In&Motion

上の動画はヘルメット(赤線)とスタン(緑線)における「頭部の減速度(負の加速度)推移」です。

減速度が大きければ大きいほど損傷レベルも大きくなるため、緩やかな曲線を示すスタンがヘルメットよりも保護機能の点で優れていると分かりますね。

また、エアバッグの展開と同時に緊急連絡先にも情報が共有され、保護者がユーザーのGPS座標を得て即座に駆け付けることもできます。

通常のリュックとしても使用可能
通常のリュックとしても使用可能 / Credit:In&Motion

さらにスタンは、通常のリュックとしてのスペースも確保されており、ノートパソコンやスマホ、仕事の資料などを入れて持ち運べます。

毎回背負う必要はありますが、ヘルメット装着による煩わしさやヘアスタイルの乱れからは解放されます。

将来、スタイリッシュなエアバッグが「サイクリストのスタンダード」になるかも
将来、スタイリッシュなエアバッグが「サイクリストのスタンダード」になるかも / Credit:In&Motion

こうしたオシャレで高性能な代替品が普及するなら、世界各地の「安全意識」や「法的制限」にも変化が生じることでしょう。

もしかしたら将来、「ヘルメットもしくはエアバッグのどちらかを装着すべき」という幅のある法律が生まれるかもしれません。

これによって自転車事故による死亡者が減るならば、素晴らしい技術といえるでしょう。

ただオフロードならともかく、街なかにおける自転車事故については、人混みを自転車で走り抜けない、スマホをいじりながら運転しないなど、自転車利用者のモラルがもっとも重要なのは言うまでもありません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

プロダクトのニュースproduct news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!