オスも血を吸ってた⁈ 吸血能力をもつ「新種のオスの蚊」の化石を発見!
オスも血を吸ってた⁈ 吸血能力をもつ「新種のオスの蚊」の化石を発見! / Credit: Dany Azar/CC BY-SA, Dany Azar et al., Current Biology(2023)
insect

古代の蚊はオスも血を吸ってた⁈ 蚊の吸血能力進化の謎 (2/2)

2023.12.06 Wednesday

前ページ血を吸うのは「産卵前のメス」だけ

<

1

2

>

オスもかつて血を吸うことができた⁈

研究チームは今回、中東レバノンにある約1億3000万〜1億2500万年前の前期白亜紀の地層から、2匹の蚊を保存した琥珀を発見しました。

調査の結果、2匹ともオスであることが判明し、新たに「リバノクレックス・インテルメディウス(Libanoculex intermedius)」という学名で新種記載されています。

新種の蚊を保存した琥珀
新種の蚊を保存した琥珀 / Credit: Dany Azar/CC BY-SA(eurekalert, 2023)

さらに顕微鏡を用いて詳しく調べたところ、これらの新種はオスにも関わらず、非常に鋭利な三角形の下アゴと小さな歯のように細かなギザギザの付いた針状の口吻を持っていることが明らかになったのです。

その下アゴと針の間が空洞の通り道になっており、この蚊はおそらく、動物の皮膚に口吻を突き刺して血を吸っていた可能性が高いと推測されました。

現生する吸血性の蚊はすべてメスだけであるため、研究者たちもこの発見に非常に驚いています。

(C)頭部のアップ100μm (D)顕微鏡を使用した口器の詳細 10μm (F)下顎骨の頂点のイラスト図 50μm。オスだが皮膚を裂くための歯状のギザギザがついているのがわかる。
(C)頭部のアップ100μm (D)顕微鏡を使用した口器の詳細 10μm (F)下顎骨の頂点のイラスト図 50μm。オスだが皮膚を裂くための歯状のギザギザがついているのがわかる。 / Credit: Dany Azar et al., Current Biology(2023)

また今回の化石は、蚊の吸血能力がどのように進化してきたのかを探るための貴重な手がかりになると期待されています。

これまでの研究によると、蚊を含む昆虫の吸血能力は、植物の蜜を吸うために使用されていた比較的柔らかな口吻から進化したと考えられています。

例えば、吸血ノミは吸蜜性の祖先から進化した可能性が高いという。

ただ吸血能力の詳しい進化プロセスは、化石記録にギャップがありすぎるため、ほとんど解明されないままです。

その中にあって、この化石は蚊の吸血能力がいかに進化したかの理解を促す大きな手助けとなるでしょう。

新種の蚊が生きていたときの復元イメージ
新種の蚊が生きていたときの復元イメージ / Credit: Dany Azar et al., Current Biology(2023)

新種の蚊が生きていた前期白亜紀は、恐竜や鳥類、哺乳類の他に、花を咲かせる被子植物も繁栄し始めた時代でした。

つまり、吸血するターゲットと同時に安全に吸蜜できる花もあったと考えられます。

オスがメス同様に吸血を行っていた利点については、飛行能力の向上によって交尾相手を探す際に有利だったからと考えられます。

しかしその場合効率の良い栄養接種方法であった吸血を、なぜオスはやめてしまい蜜に専念するようになったのでしょうか。

研究チームはこれらの疑問の謎を解明していきたいと話しています。

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

昆虫のニュースinsect news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!