記憶喪失にはどんな種類があるの?

記憶喪失とは、主に意識障害によって、過去のある時点の記憶を思い出すことができなくなる状態のことを指します。

記憶は、ざっくり分けると「言葉にできない手続き記憶」と「言葉にできる陳述記憶」に分類できます。手続き記憶は、自転車や自動車の操作など体で覚える記憶のこと。また、陳述記憶は体験や思い出などのエピソード記憶、言葉や数字の意味など知識の意味記憶のことです。

記憶喪失の種類

では、記憶喪失は何が原因で起こるのでしょうか?

最も多いのは、頭部の損傷や心理的な負荷、無酸素症、薬物乱用やアルツハイマーなどによるものです。これとは別に、電気ショック療法などのセラピーによって記憶障害が起きることもあります。

記憶喪失と一言でいっても、様々な原因、名称があるのです。

以下では代表的な記憶喪失の種類を紹介します。

逆行性健忘症

逆行性健忘症は、発症以前の出来事に関する記憶を思い出せないという障害です。

基本的に、新しい記憶を形成する脳の部位がダメージを受けることで発症します。また、精神的なトラウマやストレスによっても発症します。障害によって失われる期間は数日から数ヶ月、深刻な場合は自分が誰であるかさえ忘れています。

症状は一時的なものが多く、まれに一生に渡って記憶が戻らない場合もあります。

発症した人は古い記憶ほど覚えています。古い記憶は長い間脳に蓄積されているので思い出しやすいのです。

次ページ前向性健忘症

1

2

3

4

5

6

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG