「無」とは何なのか? 物理学と哲学から考える

philosophy 2018/11/11
Point
・物理学における「空虚な空間」は、量子力学からすると微細な分子やエネルギーに満たされているため「無」とは言えない
・哲学においては、そもそも「無とは何か」という問い自体に無理があるとし、「無」をひとつの概念的実体と考える
・「無」という概念は、学問的探求の土台であり、そこから新しい発見は誕生する

目を閉じて、「何もない状態」を想像してみてください。するとすぐに難しいことが分かるはずです。

目を閉じていても光の残像が見えたり、あるいは昨日の出来事を思い出したり、はたまた通りの雑音が聞こえてきたりと、私たちは常に何かに囲まれて生きているのです。そこで、先人たちはこのように問いました。つまり、「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」。言い換えるなら「何もないとは何か」と。

この「無」という概念は、一見子供でも理解しているようなことに思えますが、それについて詳しく答えることは専門家にとっても究めて困難なことです。そこで今回は、「何もない」という問題について、物理学者と哲学者それぞれに見解を紹介します。

物理学における「無」とは?

カリフォルニア工科大学の物理学者であるショーン・キャロル氏は、「無」の問題に科学的な観点から答えようとします。キャロル氏は、現在の宇宙について最も正確に調査することのできる量子力学を援用しつつ、「無」とはそもそも「真空」とはまったく違うものだと指摘しています。それによれば、ある空間がまったく空っぽであるように見えても、量子力学的にはいまだ何らかのものが存在しており、ただ運動量ゼロの静止状態にあるだけなのです。要するに、空虚な空間は微小な分子やエネルギーに満たされているため、「何もない状態」とはまったく異なります。

物理学的な真空は「無」ではありませんが、キャロル氏は「無」の状態でありうるひとつの可能性を示唆しています。それは「時間と空間の両方が欠如している状態」だと言うのです。アインシュタインの一般相対性理論が登場して以来、時間と空間は、もはや固定され動かない絶対的なものではなく、エネルギーによって歪められうる力動的なものであると理解されています。そうすると、「無」とは時間と空間の中に何もない状態というよりもむしろ、時間と空間自体が存在しない状態でないといけません。

ただ、物理学にとって時間も空間もないような状態を探求の対象にすることは何ら有益ではありません。「無とは単純に何かが欠如しているものであって、それ以上でもそれ以下でもない」とキャロル氏は言います。物理学とっては、何かあるものを探求することに意義があり、「無」の問題はその何かが欠けているという限りにおいてのみ興味関心の対象となるわけです。

哲学における「無」とは?

「無」の問題は何も物理学だけが独占しているものではありません。アメリカの哲学者であるジム・ホルト氏は、純粋に何もない状態というのは人間にとって理解不能なものであるとして、そもそも「無とは何か」という問い自体に疑問を持ちます。例えば、哲学には「何かあるものXの存在を説明したいとき、X以外の何かを用いなければならない」という論理的命題があります。時計がどのようなものかを説明するには、それを構成する針であったり、文字盤を使う必要があります。しかし、「あるものすべて(宇宙)」を説明したいとき、それ以外のものは文字通り存在しないのですから説明のしようがありません

つまり、存在するものは宇宙も人も動物も何もかも含めてただ存在し、それが生まれでてくる「無」という母胎はないのです。このように考えると、宇宙が無から誕生したという「ビッグバン仮説」もおかしなことになります。なぜなら、宇宙が無から生まれるならば、結局宇宙が誕生する以前にも何かしらのものが存在したという何よりの証拠になってしまうからです。0から1は生まれようがありません。そう考えると、「無」こそ本当にないものなのでしょう。

しかし、ホルト氏は「無」の概念について否定的ではありません。彼の説明によれば、「無」とは私たちの周りに存在するものを考えるための思考的土台であり、そこからまったく新しい発見が現れ出てくるのだそうです。科学的な発見の成果は、私たちがまだ見ぬ未知の可能性を探求しつづけることに起因しています。つまり、哲学的観点からすると「無」は何もないというよりもむしろ、何か新しいものを生み出すための確かな概念的存在なのでしょう。

 

日常の中であらゆる物に囲まれて生きる私たちにとって、「何もない」事態を思い描くことは究めて困難なことです。しかし新たなアイデアは、いまだ存在しない未知の可能性から生まれます。そういう意味で、「無」は私たちの探求の源泉として存在しているのでしょう。

 

人の意識は「エネルギーのループ」であるとする説が提唱される

 

via:motherboard. / translated & text by くらのすけ

 

SHARE

TAG

philosophyの関連記事

RELATED ARTICLE