奴隷たちの思想をコントロールする「奴隷聖書」の展示が人気を集める。その巧みな思想統制法とは?

history_archeology 2019/01/07
Point
■アメリカの「聖書博物館」で、19世紀に奴隷の思想統制を目的とした「奴隷聖書」の展示が人気を集めている
■「奴隷聖書」は、奴隷たちの反乱を誘発しないよう大幅に削除編集が行われていた
■削除されたのは「出エジプト記」など反乱士気を刺激するもので、反対に支配者への服従を促す箇所は強調された

現在、アメリカのワシントンD.Cにある「聖書博物館(Museum of the Bible)」にて「奴隷聖書(Slave Bible)」が来館者の注目を集めています。

「奴隷聖書」は、19世紀初頭にカリブ諸島に連れてこられたアフリカ人奴隷を、キリスト教に改宗させる目的でイギリスの宣教師たちがつくったものです。

しかしその内容は、奴隷たちの反乱士気を刺激しないよう大幅な編集が行われていたことがわかりました。詳細なレポートは12月9日付で「ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)」上に掲載されています。

「自由を求める心」を奮起させるものは容赦なくカット

アフリカの奴隷は、アフリカの植民地化が進む17世紀頃、カリブ諸島に浮かぶ「イギリス領ヴァージン諸島(今日のジャマイカ、バルバドス、アンティグア島)」に数多く連れて来られました。

当時強大な力を誇っていた大英帝国は、自国の経済的利益をさらに促進するため、島ごと使って砂糖の大農場を造営していました。そこへ労働力として投資された奴隷の数は、なんと数百万人に及びます。

しかし、そのような膨大な数の奴隷をまとめるのは至難の業です。そこへ、イギリスからやって来た宣教師たちが、奴隷たちの労働意欲の向上とキリスト教への改宗を目的として、1807年に「奴隷聖書」を作成します。

この「奴隷聖書」は、もちろんただの聖書ではありません。奴隷たちの反乱を誘発しないように、大幅な編集が行われていのです。例えば奴隷となっていたユダヤ人が大脱出をする「出エジプト記」の部分などは、彼らの脱出を促さぬよう全編カットされています。

他に削除されていたのは、エレミヤ書の22章13節「不義によって自分の家を建て、不正によって自分の高殿を建てる者。隣人をただで働かせて報酬も払わない」や、出エジプト記の21章16節「人をさらった者は、その人を売っていても、自分の手もとに置いていても、必ず殺されなければならない」。

さもありなん…という感じです。こういったイギリスの支配者を批判するような文章は、すべて切り取られていました。

「支配者への服従」を促すものは強調。巧みな思想統制

こうした改訂を受けたことで「奴隷聖書」は極端に短くなっています。聖書の巻数は宗派によって異なり、プロテスタントは全66巻、カトリックは全73巻ですが、「奴隷聖書」はわずか14巻。

これは奴隷たちの識字率の低さを考慮した結果でもありますが、イギリスが自国に有益となるよう洗脳を試みたことが大きな理由です。

しかし、宣教師たちが行ったのは削除だけではありません。反対に、奴隷の献身的な服従を促すような箇所は抜粋して読ませました

例えば、エフェソの信徒への手紙の6章5節「僕たる者よ。キリストに従うように、恐れおののきつつ、真心をこめて、肉による主人に従いなさい 」といった文章です。

こうした緻密な編集作業を見るに、イギリスがいかに巧みに奴隷たちの思想統制をおこなっていたかがうかがえます。今日、現存している「奴隷聖書(Slave Bible)」のコピーは3部のみで、そのうち2部はイギリスに、1部がワシントンの博物館で去年から一般公開されています。

事細かにコラージュされた「奴隷聖書」の内容に来館者の人気は沸騰。現在では「奴隷聖書」を中心としたイベントがおこなわれています。

 

しかし、歴史的には「奴隷聖書」の操作によっても、奴隷たちの反乱を止めることはできませんでした。彼らはどんなに手ひどい仕打ちにもめげず戦いつづけ、ついには1834年に解放されます。人間の自由を求める力は、支配者の権力よりも強いことを見事に証明したのです。

 

reference: smithsonianmag ,essence / written by くらのすけ

SHARE

TAG

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE