brain

切断された首はどれくらいの間意識を保てるのか?

2021.01.27 Wednesday

2019.04.28 Sunday

1枚目の画像
Photo credit: moriza on Visualhunt / CC BY

 

16世紀のイギリスで魔女の疑いをかけられていた王妃アン・ブーリンは、断首され首だけになった後明らかに何かを話そうとしていたという。

こういった逸話は単なる嘘なのだろうか、それとも科学的な証拠があるのだろうか?

脳は、体内に取り込まれた酸素を20%も大量消費する臓器だ。しかし頸動脈が切断されると、血液の供給が止まり酸素の供給も絶たれる。切断後の頭部にも血液はいくらか残っているためすぐに酸欠にはならないが、長くは持たないだろう。

頭部には眼球を動かす筋肉など、完全に機能し神経ともつながっている筋肉が存在する。人間ではないが、切断後こういった筋肉が動いたとする記録もある。頭部切断後20分たった毒蛇に、中国のシェフが噛まれて死亡したことが報告されているのだ。

脳への血液がストップしても意識がある?

臨死体験をした患者についての話もある。臨死体験を経験している間も意識があったというのだ。心臓発作や心停止を経験した人たちが、蘇生術中に室内で何がおこっていたのかを詳述しているのである。

心臓は止まっているため、脳にも酸素は送られていなかったはずなのに、意識はあって周りの様子に気づいていたのだ。その時、意識を表す臨床的な兆候はなかったにもかかわらず…。

また心停止後、30分経った脳で活動が見られたとする研究もある。眠っているときやリラックスしているときに出現するデルタ波と呼ばれる脳波が見られたのだ。

次ページ心臓が停止しても脳は活動している

<

1

2

3

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!