アメリカで流行中の「凶悪犯罪ポッドキャスト」とは

Credit:depositphotos

Point

■現在、アメリカで凶悪犯罪を扱ったポッドキャスト「Obscura: A True Crime Podcast」が人気を博している

■「Obscura」以外でも犯罪を扱ったポッドキャストが流行しており、リスナーの大半を女性が占めるという

■「Obscura」は殺人鬼を社会のアンチヒーローとして描かないことで、女性リスナーに嫌悪感を抱かせない配慮している

闇が深い。「病気」と信じ込ませた実母を殺害した娘の悲しき復讐劇の真相

危険な香りに誘われてしまうのは人間の性か。

現在アメリカでは、「Obscura: A True Crime Podcast」というネットラジオが大変な人気を博している。

メインに扱っているのは、実際に起きた殺人や事故、失踪などの仄暗い凶悪事件だ。この流行の背景には何があるのだろうか。

犯罪を扱ったポッドキャストが米で流行

今年5月末だけでも、4万5千ダウンロードを記録している「Obscura」。これにはポッドキャストのホスト・制作を務めるジャスティン・ドローン氏(30)も驚きを隠せないようだ。

ドローン氏は1年前、医療学校を中退し、夜警のアルバイトをして日銭を稼いでいたが、今では月に50〜60万円の収益が出ているという。ファンからのメッセージもひっきりなしに届き、メールボックスがパンク寸前なのだそうだ。

Credit:pixabay

ドローン氏が犯罪を扱うポッドキャストを始めたきっかけは夜警時代だ。

深夜の夜警は何も起こることがなく暇を持て余していたため、時間つぶしに殺人事件などを扱うポッドキャストを聴き、楽しんでいたという。そのときの経験が今につながっているそうだ。

実は現在、ドローン氏以外にも犯罪事件を扱うポッドキャストが増加しており、人気が高いジャンルとなっている。その証拠に今週のアメリカAppleポッドキャスト・トップ20の内、実に12が犯罪事件を扱うものだったのだ。

次ページリスナーは女性が8割を占める

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG