education

闇が深い。「病気」と信じ込ませた実母を殺害した娘の悲しき復讐劇の真相

2021.01.27 Wednesday

2019.04.03 Wednesday

1枚目の画像
Credit:allthatsinteresting
Point
■2015年にアメリカで起きた、実の娘による母親の殺害事件がHuluオリジナルでドラマ化される
■事件の衝撃の内容に、SNS上でも大きな反響を呼んでいる
■実は、母親は実の娘を、生まれた時から「病気だ」と信じこませ、不自由な生活を送らせてきた

タッパーの落ちないニオイを消す最終兵器が発見される

「悲劇のヒロイン」になりたかった女性の、衝撃の実話です。

2015年6月、アメリカ・ミズーリ州の自宅にて、当時48歳のクローディーヌ・ディーディー・ブランチャードがナイフで殺害されるという事件が起きました。犯行を計画したのがなんと実の娘ジプシーだったこともあり、アメリカで大きな話題となりました。

しかし事件の裏には、それ以上に驚くべき真相が隠されていたのです。なんとジプシーは、実の母親であるディーディーに「自分が病気だ」と信じ込まされて育ってきたのです。

アメリカでは、事件を描いたHuluオリジナルのノンフィクションドラマが3月20日から配信スタート。日本ではまだ未公開ですが、その衝撃的な内容にツイッター上では「これが実話なんて…」と多数の反響を呼んでいます。

ドラマの予告編はこちら。

「あなたは病気」と洗脳されていた

ジプシーは1991年7月27日、ルイジアナ州ゴールデン・メドーに生まれました。両親はジプシーが生まれる前に離婚しており、親権が渡ったのは母親のディーディーでした。

そしてジプシーの生後まもなく、ディーディーの様子が変化します。「娘が病気だ」だと周りに言い始めたのです。

ディーディーは、娘が白血病や筋ジストロフィーを患っていると主張し、医学的治療や薬物の投与を行ったり、車イス生活を強制したりしていました。さらには娘の毛髪も全て刈り上げ、「固形物は食べられない」としてチューブで流動食を与えていました。

2枚目の画像
ディーディー(左)とジプシー(右)/Credit:goodhousekeeping

2005年、ハリケーン・カトリーナがルイジアナを襲撃。ブランチャード母娘も地元の避難所に避難していました。その時にディーディーの悲劇を聞きつけた地元メディアは、ついに「病気を患う悲劇の娘」として公に報道され、アメリカ中で知られるようになりました。

それから何年もの間、ディーディーは娘だけでなく、友人や医者、メディアなどを騙し続け、慈善団体からは寄付金を巻き上げていたのです。

次ページ生年月日が違う…つのる母への不信感

<

1

2

3

>

教育・子どものニュースeducation news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!