chemistry

ひと目で「どの元素が何に使われるのか」分かる…かもしれない化学元素アートが公開!

2019.11.24 Sunday
1枚目の画像
© 2018-2019 International Year of the Periodic Table of Chemical Elements.

Point

■今年2019年はメンデレーエフが周期律を発見してから150周年にあたる

■そのため、UNESCOは今年を国際周期表年と宣言し、各国で周期律表に関係したイベントを開催している

■ここで紹介するのは二人のアーティストによる化学元素アートで、メルボルン郊外の「Quantum Victoria」に展示される予定だという

化学の教科書お馴染みの元素周期律表。これを作り出したのは、元素を原子量の順番に並べると一定の周期に従って似たような性質を示すということに気付いた、ロシアのメンデレーエフです。

この周期的に現れる元素の性質は、後に量子力学によって説明されることになりますが、メンデレーエフはそれよりずっと前の1869年に周期律表を作り、以後その内容は書き加えられることはあっても、書き換えられることはありませんでした。

メンデレーエフは「夢の中で周期律を発見した」と言ったそうですが、夢に見るくらい元素の性質に心を奪われ研究に打ち込んでいたのでしょう。

そんな偉大な発見から、今年は150周年になります。これを記念して、世界ではあちこちで周期律表にまつわる展示イベントが行われています。

今回紹介するのは、オーストラリアの周期律表イベントで展示される化学アートです。「元素記号は覚えたけどいまいちピンとこない」という人にも役に立つかもしれません。

これはアーティストDamon Kowarsky氏とHyunju Kim氏が共同で制作した作品です。
art.damon
http://art.damon.fastmail.net/project/science/periodictable/perindex.htm

原子番号2 ヘリウム

2枚目の画像
Credit:Damon Kowarsky and Hyunju Kim

一般的には風船に使用され、空気より軽くて密度が低い気体がヘリウムです。この特性のために、このヘリウムガスを吸い込んで声帯内に満たすと、通る声(振動)が空気中のときより早く伝わるようになり声が高くなるという、ちょっと変わった効果があります。

化学者にとってのヘリウムは、冷却に有用な材料です。これは液体状態で-269℃まで冷却でき、化学的に安定した希ガスなので、他の元素とまったく化学反応を起こさないためです。

アーティストにとっては、少々難しい元素になります。なぜなら視覚的に表現する今回の企画のスタートとしては、表現する対象を見つけるのが困難な元素だからです。ヘリウム単体で直接成り立つ物質は、太陽の核くらいなので、ここでは核融合の様子とともに、それが描かれています。

次ページ原子番号7 窒素

<

1

2

3

4

5

6

>

化学chemistry

もっと見る

Special

注目pick up !!