10年前に発掘された遺骨「モデナの恋人たち」がどちらも男性と判明

history_archeology 2019/09/13
Credit: ARCHEOMODENA

Point

■手を繋ぎ合って埋葬された約1,500年前の遺骨「モデナの恋人たち」が、どちらも男性のものであることが判明

■歯のエナメル質に存在するタンパク質「アメロゲニン」の調査で明らかに

ロシア古代遺跡の地下に世界最古の「キリスト教会」を発見か

イタリアのエミリア=ロマーニャ州の都市モデナに、一組の有名な恋人たちがいます。

1,500年も前から土の中で手を繋いできた「Lovers of Modena(モデナの恋人たち)」。2人は発掘当時から「仲睦まじい男女のカップル」としてメディアに取り上げられてきました。

しかし今回、この2人がどちらも男性であることが伊ボローニャ大学による調査で明らかになりました。どうやらこの2人、そもそもカップルでもない可能性が高いようです。

論文は、雑誌「Scientific Reports」に掲載されています。

Enamel peptides reveal the sex of the Late Antique ‘Lovers of Modena’
https://www.nature.com/articles/s41598-019-49562-7

歯のエナメル質に存在するタンパク質「アメロゲニン」が鍵に

2009年の発掘当時は、保存状態の悪さから遺骨の性別の判定はできませんでした。今回遺骨の性別が正確に判定できたのは、歯のエナメル質に存在するタンパク質「アメロゲニン」を調べる新技術のおかげです。

Credit: ARCHEOMODENA

アメロゲニン遺伝子は、X染色体とY染色体の両方に存在します。X染色体上のアメロゲニン遺伝子をAMELX、Y染色体上のアメロゲニン遺伝子をAMELYと呼びます。AMELXが男性と女性の歯のエナメル質の両方に見られるのに対し、AMELYは、男性の歯のエナメル質にしか見ることができません。

2体を調べたところ、両方の歯からAMELYを発見。どちらも男性の遺骨であることが明らかになりました。

親族?戦友? 2人の関係は謎のまま…

この2人の実際の関係性は謎のままですが、研究チームは、彼らが意図的に手を繋いだ状態で埋葬されたと考えています。

考えられるのは、2人が兄弟、従兄弟、戦争で共に戦士した兵士だった、といった可能性です。実際、この2人が発見された墓地は、戦没者共同墓地であったと推測されています。

Credit: ARCHEOMODENA

もしそれが本当だとすれば、古代イタリアで実践されていた葬儀の慣行を理解する上で、重要なヒントが得られるでしょう。

失われた「日本人村」がカナダの森の中で発見される

reference: bbc / written by まりえってぃ

SHARE

TAG

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE