「私は死なない」脳には死を拒絶するメカニズムが存在した

psychology 2019/10/21
Credit:depositphotos

Point

■イスラエルの研究により、脳には自己に関連する「死」を否定し、「死」はすべて他人だけに降りかかるものと思い込む働きがあると判明

■実験では、他人と死が結びつく場合のみ脳がシグナルを発し、自分と死が結びつく場合、脳はまったくの無関心を貫いた

人は死に至る病を宣告された際、思わず笑ってしまうことがあります。これは、自分が死ぬ運命にある現実を拒絶する一種の心理的な防御反応です。

今回、バル=イラン大学(イスラエル)の研究により、こうした「死」を否定する防御反応は、脳自体の働きだったことが判明しました。

研究主任のYair Dor-Ziderman氏は「脳は死を『他人だけに降りかかる不運な出来事』とカテゴリー付けすることで、実存的な脅威から身を守っている」と話します。

また続けて「必ず訪れる死への考えを遠ざけておくことは、今この瞬間を生きるために不可欠な働きだ」と指摘しました。

研究の詳細は、11月15日に「NeuroImage」に掲載予定です。

Prediction-based neural mechanisms for shielding the self from existential threat
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1053811919306688

「死は他人だけに起こること」

研究チームは、脳が死をいかに認識するか調べるため、脳波活動のモニタリング実験を行いました。

被験者には、スクリーンに連続でフラッシュアップされる顔写真を見てもらい、観測者はその際の脳波を観測します。写真は、被験者自身の顔や見ず知らずの顔がランダムに映し出される仕組みです。

このとき、次に映し出される顔と被験者の予想が合致した場合、脳は「驚き」を示す電気シグナルを発することが分かりました。

Credit:theguardian

また、顔写真の上には様々な単語が同時に添付されており、その半分は「葬式(funeral)」や「埋葬(burial)」といった死に関連するワードです。

すると、被験者は、死のワードと他人の顔が合致したときに電気シグナルを発していたのですが、自身の顔と死のワードが合致した際は、いかなるシグナルも発していなかったのです。

これについて、Dor-Ziderman氏は「脳が自己と死の結びつきを拒絶するため、予測システムを自動的にシャットダウンさせた」と説明します。脳は、否が応でも自分が死ぬことを連想したくないというわけです。

「死」を否定することで今を生きる

同チームのAvi Goldstein氏は、この結果を次のように説明します。

「これは、脳が実存的な恐怖、あるいは『自分が死ぬ』と意識的に思考することから身を守っている証拠です。主な方法は『自分と死を結びつける予測を遮断すること』、『死に関する情報はすべて他人のもの』と認識することでした」

Credit:pixabay

こうした防御機制は、心が発達していき、「死がすべての人に訪れる」という事実を理解する時期にスイッチが入るそう。それ以降、脳は自分と死を結びつける情報に出くわすと、信頼性のないものと認識し、信じるべきではないと自身に伝達し始めます。

しかし、Dor-Ziderman氏は「死を否定する働きのおかげで、私たちは今を生きることができる」とも指摘します。「死」という避けがたい運命に直面することで、生を無価値なものと錯誤することは、生命存続の危機に関わります。

私たちは、結局のところ、死を理性的に否定できないのですが、それでも脳が死への無関心を貫くことで、今を生きていくことができるのです。

お茶を飲む習慣は脳構造にポジティブな効果をもたらす

reference: theguardian / written by くらのすけ

SHARE

TAG