psychology

「私は死なない」脳には死を拒絶するメカニズムが存在した (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2019.10.21 Monday

前ページ「死は他人だけに起こること」

<

1

2

>

「死」を否定することで今を生きる

同チームのAvi Goldstein氏は、この結果を次のように説明します。

「これは、脳が実存的な恐怖、あるいは『自分が死ぬ』と意識的に思考することから身を守っている証拠です。主な方法は『自分と死を結びつける予測を遮断すること』、『死に関する情報はすべて他人のもの』と認識することでした」

画像
Credit:pixabay

こうした防御機制は、心が発達していき、「死がすべての人に訪れる」という事実を理解する時期にスイッチが入るそう。それ以降、脳は自分と死を結びつける情報に出くわすと、信頼性のないものと認識し、信じるべきではないと自身に伝達し始めます。

しかし、Dor-Ziderman氏は「死を否定する働きのおかげで、私たちは今を生きることができる」とも指摘します。「死」という避けがたい運命に直面することで、生を無価値なものと錯誤することは、生命存続の危機に関わります。

私たちは、結局のところ、死を理性的に否定できないのですが、それでも脳が死への無関心を貫くことで、今を生きていくことができるのです。

お茶を飲む習慣は脳構造にポジティブな効果をもたらす

reference: theguardian / written by くらのすけ

<

1

2

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!