勉強は色々な環境でやろう。記憶が蘇るメカニズムから、有効な暗記術が明らかに

brain 2019/11/02
©1991 岡本螢・刀根夕子・GNH

Point
■「文脈的結合理論」は記憶が覚えたときの気分や感情など精神状況と結びついていると考えている

■思い出の場所で記憶がよみがえるのは、当時の感情が景色から想起され、それが具体的エピソードを検索するため

■このメカニズムでは、試験勉強を短時間に繰り返し行うより、様々な環境で行う方が有利になると説明している

記憶とは時間がたつほどに薄れていくものです。

しかし、故郷に帰ったときや、思い出深い場所へ久々に訪れたとき、遠い過去の記憶がふっとよみがえってくることがあります。

最新の研究では、記憶がどのような文脈によって作られたかということが、後で思い出す際に重要な要因になっていると報告しています。

ここでいう文脈とは、物理的な場所のことではなく、それを体験した瞬間の思考や感情を含めた精神的活動の全てを指します。

これは「文脈的結合理論」と言われていて、このメカニズムを利用すれば覚えたことを思い出しやすくするための条件も明らかにできるというのです。

試験会場で勉強したことを思い出しやすくするためには、どうすれば良いのでしょうか?

この研究は、カルフォルニア大学の神経学者Andrew氏を筆頭とした研究チームより発表され、神経科学の学術誌『Nature Reviews Neuroscience』に掲載されています。

A contextual binding theory of episodic memory: systems consolidation reconsidered
https://www.nature.com/articles/s41583-019-0150-4

記憶のGoogle検索

Credit:Google

通常の記憶の原理では、ある出来事AとBが同時に起こったとき、それらを関連付けて記憶されると説明されています。

しかし、文脈的結合理論ではさらに一歩進んで、AとBは互いに関連するだけではなく、それが起こった文脈と関連するものとして記憶されるというのです。

文脈とは、体験をした瞬間の精神状態を指しており、この理論によると記憶は気分や感情を含めた精神状態ごとに関連付けられて記録されていることになるのです。

文脈が類似した状況は記憶検索において重要となります。脳の記憶検索はGoogle検索のように、関連性の近いものを引っ張り出してきます。精神的な文脈は検索語として脳内で機能します。それにより、現在の自分の精神状態に近い時の記憶が優先的に探し出されるのです。

単純な理屈ですが、これはかなり意義深い機構です。

人の精神的な状況は常に変化しています。最近の記憶は現在の精神状況と近い状態にあるといえるので、結果的に最近の出来事は思い出しやすく、古い記憶は思い出すことが困難になります。

大人になると子供の頃の記憶を容易に思い出せなくなるのはこのためです。

しかし、古い記憶も消えるわけではありません。もしずっと昔の頃の自分の感情や精神状況を思い出したなら、その文脈に応じて古い記憶も引き出されます。

昔通っていた小学校の前を通り過ぎたりすると、子供の頃の記憶がよみがえってくるのはこのためです。

文脈依存記憶

こうした文脈依存記憶の効果は、1975年に行われた非常に独創的な研究から明らかにされています。

この実験ではダイバーを使って陸上と水中でそれぞれ単語リストを記憶してもらい、2つの異なる自然環境で思い出す際にどのような違いが生まれうかが調査されました。

Credit:pixabay

すると面白いことに、水中で覚えた単語は水中だとよく思い出され、陸上で覚えた単語は陸上でもっとも思い出されました。それぞれ覚えた環境と思い出す環境を入れ替えると、この傾向は見られなくなったのです。

しかし、この事実は物理的な場所に限定された話ではありません。

他の実験結果では、学習時と思い出すときの気分が一致すると記憶力が高まることが確認されています。重要なのは、覚えたときの気分、感情と記憶が結びついているということなのです。

受験にも役立つ暗記術

Credit:福岡大学

長年行われている記憶研究では、試験勉強をする場合、短いセッションで繰り返し何度も学習するよりも、期間を空けて異なる時間にもう一度学習する方が高い効果が得られることが確認されています。

この理由を、今回の研究と競合する別の研究では、海馬に蓄積された記憶が長期の記憶として脳に定着するためには時間経過が必要であり、時間とともに脳領域へ記憶が移行され強化されるという原理を説明しています。そのため、この研究では勉強は立て続けに詰め込みで行うのではなく、一定の休息を挟みながら行う必要性を唱えています。

しかし文脈的結合理論は、こうした効果の利点についても気分や感情と記憶が結びつくメカニズムで説明できると言います。

短時間で繰り返される学習は、単一の文脈としか関連づきませんが、異なる時間や環境で学習された内容は、複数の文脈と関連づくことになります

試験会場で、必死に積分公式や英単語を思い出そうとしたときにこれが有利に働きます。試験会場で湧き上がる精神状態は、ひょっとしたら過去に勉強したときのいずれかの文脈と一致する可能性が高くなるからです。

常に家の落ち着いた環境で勉強していた場合、試験会場では一向に記憶が呼び出せないということもありえるのです。人の多い図書館や、慌ただしい通勤電車の中で学習した内容のほうが、落ち着かない試験会場では思い出しやすくなるかもしれません。

これは何も試験勉強に限った話ではありません。企業面接、プレゼンなど、大勢に見られる状況では、1人の落ち着いた環境で練習した内容は容易に思い出せなくなる可能性を示唆しています。

なるべく実戦に近い環境で練習したほうが良い、とか緊張すると記憶が上手く出てこなくなるというのは経験的によく言われることですが、その裏には文脈的結合理論という科学的な根拠があったのです。

これから何かを学習したり、覚えようとしている人は、この理論が提唱するメカニズムを意識してみると良い効果が得られるかもしれません。

「夢の記憶」が消えてしまうメカニズムが解明される

reference:theconversation/ written by KAIN

SHARE

TAG