history archeology

「タイムトラベル」が人類に不可欠な理由とは

2021.01.27 Wednesday

2019.11.05 Tuesday

1枚目の画像
Credit:pixabay

「タイムトラベル」は、長きにわたり人類の心を惹きつけてきました。

ホーキング博士のように「時間旅行は不可能」とする科学者もいれば、リチャード・ゴット博士のように「タイムマシン」を本気で開発している科学者もいます。

もし実現すれば、過去の失敗を書き換えることも、もう会えない故人に会うことも、100年後の未来を覗きに行くこともできます。実にロマンです。

しかし人類がタイムトラベルを思いついたのは、一体いつ頃まで遡るのでしょうか。そして、なぜこれほどまで人間は、タイムトラベルに魅了されるのでしょうか。

アメリカ・ジョージア工科大学のサイエンス・フィクション研究家であるリサ・ヤシェク氏は、これまでの研究成果をもとにこの疑問に答えています。

時間は空間とともに

タイムトラベルは「3次元の宇宙を通して、過去あるいは未来に移動する」というアイデアに基づいています。そう、「空間へ言及することなしに、時間を語ることはできない」のです。

イスラエルの言語学者であるガイ・ドイチャー氏は、著書の中で「いかなる言語においても、時間と空間ほど親密に結びついている2つの領域(概念)はない」と指摘します。

そして「意識的であるにせよないにせよ、私たちは空間の言葉で時間を語っている」と述べています。

2枚目の画像
Credit:pixabay

例えば、「時計」はその最たるものです。

一見して時間を代表する道具に見えますが、時計は、毎瞬間に移動する秒針の蓄積によって時間を作ります。つまり、時計の時間はすべて空間を数えているに過ぎません。

時計が示す時間と心が感じる時間に、ズレが生じるのはそのためです。

しかし、この時間と空間の不思議な親密さは、タイムトラベルの物語には打ってつけでした。空間を移動させることで、時間も移動していると錯覚できるからです。

次ページ一番最初のタイムトラベル物語とは

<

1

2

3

4

>

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!