医者も見逃した未知の「がん」の特徴をAIが発見

point
  • AI技術によって、医師が発見できていなかったがんの未知の特徴を見つけ出すことに成功した
  • AI技術の医師の診断を組み合わせることにより、高度ながん再発予防が可能に

これまでのがん検査は熟練の医師たちの目によって行われてきました。しかしAIの進歩によって、さらに高い精度でがんを発見できるようになったようです。

理化学研究所(理研)の山本陽一朗チームリーダーと、日本医科大学泌尿器科の木村剛准教授らの共同研究グループは、自力でがんの情報を取得し、新たながんを発見するAIを開発しました。

この詳細は12月18日に理化学研究所によって発表されました。

がんの未知なる特徴をAIが発見-がんの画像から、再発に関わる新たな知識を自力で獲得-
https://www.riken.jp/press/2019/20191218_2/index.html#wrapper

AIの課題

人工知能(AI)は様々な場面で活用されていますが、病気を発見する点においては信頼性に欠けていました。

AIは、膨大な情報を人間の脳のように複雑な仕方で処理することができますが、提示した答えの根拠を人間が理解することはできません。

また、AIが病気を発見するためには、膨大な量の病理データから学習(ディープラーニング)する必要があります。従来は医師の診断付きデータを学習させていましたが、結局医師の判断以上の答えを出すことができていませんでした。

AIは「自力で学習し、医者以上の診断を人間が理解できるように提出する」という高度な課題を抱えていたのです。

新AI技術により、未知のがん症状が明らかに

新AI技術の手法 Credit:riken

共同研究グループは新たな学習方法により、病理画像から人間が理解できる情報を、「自動で」取得する新たなAI技術の開発に成功しました。

新たなAIは医師の診断情報が付いていない画像から学習し、診断結果を人間が理解できる画像に置換して提出することができます。

実際に、約11億枚にもの前立腺の病理画像を学習させたところ、医師による診断情報なしに、詳細に分類されたガンの情報を提出することができました。驚くべきことに、その中には、これまで専門家たちが気付くことができなかった未知の症状も含まれていたのです。

さらに、新AI技術によって高精度のがん再発予測も可能になります。

前立腺がんの再発に係る予測精度の比率(値は0~1であり、1に近づくほど高精度となる) Credit:riken

AIは従来の医師による診断よりも高い精度でがん再発を予測することができました。

加えてAIと医師の得意分野は異なります。AIと医師の診断を組み合わせることにより、これまでにないほどの高い精度で予測することが可能になりました。

医療技術にAIを組み込むことで、今後もさらなる進展が期待できるでしょう。今回の研究はその大きな一歩となりました。

AI vs 医者15人の「診断」対決、AIが完勝

肝臓の全機能をもった「ミニ肝臓」を3Dプリンタで作ることに成功

reference: riken / written by ナゾロジー編集部
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE