インフルエンザと新型コロナの違いをイラストで解説!死亡率は何倍違う?

life 2020/04/12
Credit:Vox
point
  • 比較されがちなインフルエンザと新型コロナウイルスは大きく異なっている
  • 新型コロナウイルスの感染が10回繰り返されたときの感染者数は、インフルエンザの40倍
  • 新型コロナウイルスの死亡率は、インフルエンザの10倍

伝染病を研究する「疫学」では、感染力を示す数値として「基本再生産数」を用います。

例えば、はしかの基本再生産数は12~18であり、これは感染者1人に対して、12人から18人に感染することを意味します。

ジカ熱は最高6.6であり、季節性のインフルエンザはたったの1.3です。そして、話題の新型コロナウイルスは、2~2.5です。

基本再生産数や症状が似ているので、インフルエンザと新型コロナウイルスを同じ感覚で受け取る人は多いでしょう。

「どうせインフルエンザみたいなものでしょ?」

しかし、このような考えは非常に危険です。なぜなら、新型コロナウイルスはインフルエンザよりも極めて危険なウイルスだからです。

情報誌「Vox」は4月1日に、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを示す動画をyoutubeに公開しました。

Coronavirus is not the flu. It’s worse
https://www.youtube.com/user/voxdotcom/about

基本再生産数による違い

Credit:Vox

基本再生産数の僅かな違いは、結果にどれほどの違いをもたらすのでしょうか?

インフルエンザが1.3ということは、1人の感染者につき、1~2人が感染してしまうということです。つまり、10周すると、合計56人になります。

Credit:Vox

次に、新型コロナウイルスの基本再生産数で考えてみると、どうなるでしょうか?

Credit:Vox

1人が2人に、そしてまた2人と、10周して、2000人以上が感染しました。

Credit:Vox

基本再生産数が似ているように思えても、実際の広がり方は全く異なります。

潜伏期間の違い

インフルエンザと新型コロナウイルスの最大の違いは、感染してから症状が出るまでの時間です。これを「潜伏期間」と言います。潜伏期間でもウイルスは他人へ感染します。

新型コロナウイルスの潜伏期間は5日~2週間です。

Credit:Vox

そして、インフルエンザの潜伏期間はたったの2日です。

Credit:Vox

私たちは、インフルエンザの潜伏期間に慣れてしまっています。「症状」には敏感であり、自覚すると即座に他人に移さないように行動します。

そのため、インフルエンザの感染は抑制されてきました。

Credit:Vox

しかし、「症状が無い状態」では、他人に移さないように行動しません。そのため、新型コロナウイルスの感染は爆発的に拡大しています。

免疫の違い

インフルエンザの季節になると、既に抗体を持っている人が存在します。予防接種を受けた人や以前に同じウイルスにかかった人たちです。

Credit:Vox

そのため、感染者がいても、抗体を持っていない人同士でしか感染が広がりません。

免疫を持っている人たちがウイルスをブロックするので、広がりを食い止めることができるのです。

そして、抗体を持っている人口が多いほど弱い人たちを守っていることになります。

Credit:Vox

しかし、新型コロナウイルスは全く新しいウイルスです。抗体を持っている人は誰もいません。

Credit:Vox

誰もブロックの役割を果たさないので、感染の自覚のない人が他人と接触して、山火事のように感染していきます。

Credit:Vox

結果、感染者一色になりかねません。

死亡率の違い

インフルエンザの入院率はたったの2%。しかし新型コロナウイルスの入院率は30%に上ります。

また、新型コロナウイルスの死亡率はまだ確定していませんが、1~3%と言われています。これは少ない数値でしょうか?

Credit:Vox

そんなことはありません。

インフルエンザの死亡率はもっと低い0.1%です。しかし、これでも米国だけで年間6万人が命を落としています。

Credit:Vox

国や環境によって違いはありますが、新型コロナウイルスはインフルエンザの死亡率の10倍だと言えます。

そして、この死亡率は全年齢のデータです。年配者、そして免疫力が低い人の死亡率は、圧倒的に高くなります。

Credit:Vox

さて、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを「基本再生産数」「潜伏期間」「免疫」「死亡率」の観点で確認してきました。

これらの点をふまえると、今後世界人口20%~60%が新型コロナウイルスに感染すると予測されています。

Credit:Vox

特効薬もワクチンもない病気に立ち向かうための最善策は、「接触をさけ、家から出ない」ことです。人を介さない限り、ウイルスは広がりません。

Credit:Vox

しかし、これはすべての人が協力しなければいけません。「インフルエンザに似ている」という安易な考え方は捨て去るべきしょう。

インフルエンザと比較すると、事態を小さく見せ、ホッとするかもしれません。

しかしそれは、深刻な問題に対して自分の感覚を麻痺させるのと一緒です。麻痺している場合ではありません。警戒し、賢明な判断をする時なのです。

新型コロナとインフルエンザウイルスはなにが違うの?

reference: vox / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG