浅間山が世界に厄災をもたらした!? グリーンランド氷床から900年前の浅間山噴火の痕跡が見つかる

history_archeology

浅間山火口。/ Credit:東京大学地震研究所,吉本充宏
point
  • 地球規模の歴史的な気候変動を調査する方法の1つに氷床コア年代測定がある
  • グリーンランドの氷床では、紀元1000年以降の年代測定に最大4年のズレがあると判明した
  • 修正の結果、アイスランド・へラク火山噴火と推定されていた痕跡は、浅間山噴火の可能性が示された

長野県と群馬県にまたがる浅間山は、現在でも噴煙を立ち上らせる活火山として有名です。

浅間山はここ数年間小規模な噴火を繰り返していて、ニュースで頻繁に報道されているので、記憶している人も多いでしょう。

そうは言ってもさほど巨大な火山という印象もないので、「奴は四天王の中でも最弱…」と侮っている人もいるかもしれません。

しかし、浅間山は今から900年前に史上最大規模の大噴火を起こしていて、なんとその痕跡がグリーンランドの氷床に残されていたことがわかりました。

あまりに壮大過ぎてピンと来ませんが、浅間山はかつて、中世のヨーロッパにまで被害をもたらす大災害を起こしていた可能性があるのです。

研究チームが数々の古い文献の調査から導き出した、浅間山噴火にまつわる歴史ミステリーを追っていきましょう。

氷床コア年代測定の修正

ドリル掘削機で取り出された氷床コア。/ Credit:Public domain / wiki,NOAA

地球規模で起こった気候変動の痕跡は、氷床や氷河の奥深くから見つかる場合があります。

こうした氷床のサンプルを使った古い気候や環境の調査は、氷床コア年代測定と呼ばれています。

ただ、古い記録の正確な日付を特定することは、かなり難しく厄介な仕事で、数年前に発表されたある研究は、グリーンランド氷床コアの年代モデル(GICC05)が、紀元1000年以降では最大4年のズレがあると報告しました。

そして、グリーンランドの氷床コアからは、大規模な火山噴火の痕跡が見つかっています。

噴火で巻き上げられた硫黄エアロゾルが、成層圏に到達した後、地上へ降下して氷の層に長い年月保管されるのです。

しかし、この痕跡についても年代を見直さなくてはならなくなりました。

そこで今回の研究チームが再調査を行ったのが、1104年に起こったアイスランド、へラク火山噴火の痕跡と考えられていた硫黄の層です。

ヘラク火山の位置。/ Credit:Google map

距離的な位置関係から見るとヘラク火山の噴出した硫黄降下物がグリーンランドの氷床に残っているのはもっともだと感じます。

しかし、再調査の結果、この硫黄の沈着は1108年後半から1113年前半まで継続しているものだと判明しました。新しい調査では、ヘラク火山の噴火では年代が合わなかったのです。

そこで研究チームはこの痕跡が何によってもたらされたのか、世界中の文献調査に乗り出しました。

1110年に月が消えた、という記録

Credit:depositphotos

この調査の中で気になる記録が見つかりました。それは1110年5月に起きた月食の目撃例で、それは例外的に暗かった、もしくは完全に月が消失したと記されています

これは中世の記録「ピーターバラ年代記」の中にも記載されていて、「夕方、明るく輝いていた月が、夜になると完全に消えてしまい見えなくなった」と記されています。

月食は通常、月が赤銅色に輝きます。しかし、数世紀後のイギリスの天文学者ジョージ・フレデリック・チェンバースは「1110年の記録にある月食は、なじみ深い銅色に輝く月食ではなく、完全に月の消失であった」と書いています。

この出来事は天文学の歴史の中では有名なものですが、その原因については明確に示唆されていません。今回の研究者たちは、この月消失イベントが、火山性エアロゾルによって引き起こされたと推測しています

また研究者たちは木の年輪にも着目しました。この調査によると1109年は年輪が著しく細くなっており、例外的に寒い年であったことが示唆されています。

ヨーロッパの古い文献の中からは、1109年から3年間に渡る悪天候、不作、飢饉に関する記述が多く発見されました

フランス・ノルマンディーのサン・テヴルー修道院に残る日記。1109年以降の深刻な飢饉を記録している。/Credit:Annales Uticenses. Bibliothèque Nationale de France, Paris, Ms Latin 10062, f154r,Scientific Reports,Guillet(2020)

1108年以降、数年に渡り世界的な異変が起きていたことは確かなようです。

そして氷床コアに残る硫黄降下物の痕跡年代から見ても、その厄災は大規模な火山噴火が原因であった可能性が高いのです。

しかし、アイスランドのヘラク火山でないとしたら、この世界的な災難は、一体どの火山がもたらしたのでしょうか?

浅間山 天仁大規模噴火

今回の話とは別の天明3年の浅間山噴火を描いた「浅間山夜分大焼之図」。/Credit:国土交通省 利根川水系砂防事務所,美斉津洋夫氏蔵

研究者たちがもっとも可能性が高いと考えたのが、1108年に起きたという日本の浅間山の大噴火です。

浅間山は1783年、江戸時代にも大噴火を起こしていて、こちらは多くの記録が残っています。上の画像も、江戸時代に起きた浅間山噴火を描いたものです。

この噴火は1400人以上の死者を出し、爆破の衝撃は江戸の街まで届いて障子戸を震わせ、火山灰の降灰は千葉県の銚子まで確認されたと言われています。

しかし、1108年の天仁大規模噴火は記録は少ないものの、この江戸時代の大噴火よりも規模が大きかったと推定されています。

この様子は、当時の政治家、藤原宗忠(ふじわら の むねただ)日記『中右記』の中に残されています。

天仁元年(1108年)の九月五日、猛烈な噴火が起きて山稜が焼かれ、その噴煙は天にまで達し、砂礫は国に満ち、火山灰は地に積もって田畑は全滅した。一国の災害でこれほどのものは未だかつてなく、稀にみる怪奇現象として記しておく

グリーンランドの氷床に残る火山噴火の痕跡や、ヨーロッパ各地に残る飢饉や、天体観測の奇妙な記録は、どうやら日本の浅間山噴火が原因の可能性がかなり濃厚なのです。

明確な証拠があるわけではありませんが、研究者たちは調査したすべての証拠を合わせると、1108年から1110年の間に、人類に「忘れ去られた」大規模な火山噴火の厄災があったことが示唆されており、我々は今、それを再発見しているのだと述べています。

この研究はスイス、ジュネーブ大学の研究者Sébastien Guillet氏を筆頭とする研究チームより発表され、論文はネイチャー・リサーチ社によって刊行されるオープンアクセスの学術雑誌「Scientific Reports」に4月21日付で掲載されています。

失われた「日本人村」がカナダの森の中で発見される

reference: sciencealert,みよた町/ written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG