「2つの顔」を持つネコが米・オレゴン州で誕生 名前も2つ

animals_plants

顔を2つ持つ子ネコ、飼い主のキングさん夫婦/Credit: CNN Newsource

今月20日、米・オレゴン州で、2つの顔を持つオスの子ネコが誕生しました。

名前も2つ付けられており、ビスケットとグレイビーと命名されています。

飼い主のカイラ・キングさんがFacebook上に投稿した写真は、またたく間に注目を集めました。

なぜ顔が2つに?

ビスケット・グレイビーは、3匹の兄弟ネコと一緒に生まれましたが、体がずっと小さく、左右の半面に顔を一つずつ持っていました。

目は全部で4つ、鼻と口は2つずつあります。

生後4日のビスケット・グレイビー/Credit: facebook

これは非常にめずらしい症状で、「ジプロソープス(顔面重複奇形)」と呼ばれます。

その原因は専門家の間でも議論が続いていますが、最も有力なのは、「ソニック・ヘッジホッグ(SHH)」というタンパク質が関係するという説です。

SHHは、胚の発生時に重要な役割を果たし、手足や脳構造など多くの身体器官の形態形成に関わります。このSHHが異常分泌することで、ジプロソープスが生じると言われています。

特に稀なケースとして、頭蓋内の脳も重複することがあるようです。これまでに、ヤギやブタ、鳥類、それから人でも数例ほど確認されています。

ジプロソープスのひな鳥/Credit: en.wikipedia

願い叶わず…

生後2〜3日のビスケット・グレイビーは、食欲も十分にあり、とても健康体に見えました。

カイラさんは、23日に、「私たち一家はこの子のために最善を尽くしています。彼も懸命に生きようとしています。皆さんの応援に感謝します。彼はとても幸運な子ネコです」とFacebook上でコメントしていました。

しかし、顔を2つ持つことは、ビスケット・グレイビーの小さな体には非常に負担がかかるものでした。獣医師も「してあげられることはほとんどない」と話していたようです。

結局、一家の願いは叶わず、ビスケット・グレイビーは25日に短い生涯を終えました。

下の画像は亡くなる1時間前のビスケット・グレイビーです。

Credit: facebook

カイラさん一家は「彼が5日近くも生きてくれたことは、十分に奇跡的なことでした。皆さんから頂いた暖かい応援や親切心は決して忘れません」とコメントを寄せています。

reference: abcnews4iflscience / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG