ポーランドの「水質検査をする貝」は800万人の生活水を支えている

animals_plants

センサーの取り付けは手作業/Credit:vimeo.Fat_Kathy_trailer

reference: boredpanda

現代ではさまざまなテクノロジーが私たちの飲料水の品質を支えています。

しかしポーランドでは、800万人分の水質管理を任されている貝がいることを知っていますか?

このシステムが今、シュールな見た目とともに海外で話題になっているようです。

水が汚染されると身を守る習性を利用

一般的な淡水の二枚は通常、上下の殻の間を僅かに(2~3mm)開けていますが、水が物質やなどによって汚染されると、殻の隙間をギュッと閉じて身を守る習性があります。

今回のシステムは、このの習性を利用したものです。

首都ワルシャワに水を供給するメインポンプには、8匹の淡水生の二枚(イシガイ類)がセンサーと共に貼り付けられています。

に取り付けられたセンサーはメインポンプの制御システムと直接つながっており、が水を有だと判断して殻を閉じると、都市への給水が自動的に止まるというわけです。

しかし、なぜ当局は、よりによってを選んだのでしょうか?

なぜなのか?

たちはメインポンプの水質を監視し続けている/Credit:gpw

人が水質検査にを使おうとしたのは、もちろん単なる思いつきではありません。

(イシガイ類)はエサを水中からこし取る過程で、1時間に1.5リットルもの水をろ過する能力があるのです。

また上の飼育写真からもわかるように、水質検査に使われているは非常に綺麗な水に生息している種で、人間よりもはるかに有害物質に敏感です。

まさには24時間、高精度で有害物質を探知する究極のバイオモニターだったのです。

センサーが取り付けられる様子/Credit:vimeo.Fat_Kathy_trailer

なお、使用されたは3カ月たつと、マーキングを施されて元々棲んでいた湖に返されます。

マーキングをするのは、科学者が誤って同じを再び拾わないようにするためです。

イシガイ類は、最大で50年という長い寿命を持ち、繰り返しの使用は彼らの寿命を縮める可能性があるからです。

首都に住む800万人の水を監視

僅かなエサで24時間、3ケ月連続で働いてくれる/Credit:gpw

の隙間の開き具合はセンサーを通して24時間、ーにデータが送信されています。

そのため万一、水質が悪化して殻を閉じた場合、自動的にアラームが鳴り給水が遮断される仕組みになっています。

ワルシャワに住む800万人の生活水は、まさにによって支えられていると言っても過言ではないのです。

あわせて読みたい

SHARE

TAG