カラスのくちばし型ペストマスク
カラスのくちばし型ペストマスク / Credit: ancient-origins
history archeology

ペストマスクが不気味な「カラスのくちばし型」になったのはなぜか? (2/4)

2021.06.23 Wednesday

2020.08.03 Monday

Secrets Behind the Creepy Plague Doctor Mask and Costume https://www.ancient-origins.net/artifacts-ancient-technology/plague-doctor-mask-009201

ペスト医師はどんな仕事をした?

ノストラダムス
ノストラダムス / Credit: ja.wikipedia

ペストの疫病医は、14世紀にはすでに存在していましたが、カラスのような鳥のくちばし型マスクが着用されるのは17世紀からです。

彼らは、感染症の治療を専門としたヨーロッパ人の医師であり、疫病が発生したときに村や町、都市に雇われた医師でした。

主な仕事は、ペスト患者の治療および遺体の埋葬です。また、1日の死者数を日誌にまとめ、死者の遺言を記録する仕事も請け負いました。死者や危篤状態の患者の遺言を証明する証人として、召喚されることもしばしばあったそうです。

それから、病気の治療法を探すために、遺体を検死解剖することもありました。

かの有名なノストラダムスもペスト医師として活躍しています。

次ページカラス型マスクを発明したのは誰?

<

1

2

3

4

>

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!