medical

ペストのマスクが不気味な「カラス型」になったのはなぜなのか? 発明した人物は? (4/4)

2020.08.03 Monday

マスクが「カラス型」なのはなぜ?

そして最も目を引くのが、「カラス型マスク」です。

医療が現代ほど発達していない当時、ペストは鳥によって伝染するものと信じられていました。そのため、マスクを鳥型に模すことで、患者の病気を鳥に移し返し、快復に向かわせるという意味があったようです。

ただこれは心理的な理由で、別に実用的な理由もあります。

クチバシ型のマスク内には、強い香りを放つアンバーグリス(龍涎香)やミント、バラの花ビラが詰められていました。ペスト医師たちは「感染病は悪臭(悪い空気)で広がる」と考えていたので、強い香りにより病気を遠ざける意味があったのです。

しかし、今日の医学的知識からすると、これも心理的なものに近く、実際の効果はあまりなかったと思われます。

1枚目の画像
Credit: ancient-origins

ロルムのペストスーツが、どれほどの実用性を持っていたかは不明ですが、ロルム自身は90代まで生きたそうです。しかし、スーツを着用した医師の多くがペストの犠牲になり、命を落としました。

その後、ペストスーツは死の象徴として一人歩きし、現在ではフィクション作品にも使われたりします。

しかし、マスクの下の医師たちは、新型コロナに立ち向かう現代の医療従事者とと同様に、自らの命を賭して懸命な活動を続けていたのでしょう。

 

人類が経験した最も奇怪な疫病「踊りのペスト」とは

ニュートンが外出自粛中に実践したことがスゴイ

reference: ancient-origins / written by くらのすけ

<

1

2

3

4

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!