ヘラジカ
ヘラジカ / credit: tigerdroppings.com
animals plants
50 Photos To Remind Everyone That Many Animals Are Way Bigger Than Most Of Us Think https://www.boredpanda.com/animal-size-comparison/?utm_source=inoreader&utm_medium=referral&utm_campaign=organic

2021.02.15 Monday

2020.08.01 Saturday

日本ではありえない巨大すぎる世界の動物10選

トラやクマ、クジラなど、人より大きな動物はたくさん存在します。

しかし、日本で慣れ親しんでいる動物でも、世界に目をやると、同種なのに巨大すぎる個体が見られます。

クモやカタツムリ、コウモリなどは小さい生き物と思いがちですが、これから紹介する画像を見るとビックリするかもしれません。

それでは、世界で見つかった規格外の巨大生物たちを見ていきましょう。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

コロナウイルスのウソとホントがわからない? 科学的根拠のある医療とは?

陸にすむありえない生物たち

1.バイソン

1枚目の画像
Credit: reddit

こちらは、血液検査とタグ付けされている最中の「バイソン」です。

バイソンはもともと大きな生物で、全長250〜350センチ、体重500〜1200キロほどありますが、中でもこの個体は特大サイズ。

頭だけでこの巨大さですから、全身だと大型ワゴンくらいあるかもしれません。

体重も1400キロ近くあるそうです。

2.アフリカマイマイ

2枚目の画像
Credit: reddit

次は、東アフリカ原産の「アフリカマイマイ」です。

世界最大級のカタツムリとして知られ、画像のように大きな個体だと子猫ほどのサイズになります。

日本でおなじみのカタツムリとは大違いですね。

3.アメリカヘラジカ

3枚目の画像
Credit: afriendlyuncle

こちらは、世界最大のシカとして有名な「アメリカヘラジカ」です。

ヘラジカもバイソン同様、1000キロを超える個体がいますが、目を引くのはなんと言っても体高の高さ。まるで「ジュラシック・パーク」のワンシーンを見ているようです。

アメリカやヨーロッパでは、夜道でヘラジカに車で衝突し、ドライバーが命を落とす事故も多発しています。

4.クモ

4枚目の画像
Credit: PineappleDildo

こちらは、2015年にオーストラリアで目撃された「アシダカグモ」です。

自然豊かなオーストラリアでは、巨大な生物がよく見られますが、クモもこれだけ大きくなります。

クモは「シャーロット」と命名され、動物保護団体に引き取られたそうです。

これが家の中に出たら失神しますね…。

5.ウォンバット

5枚目の画像
Credit: Ballarat Wildlife Park

こちらは、世界最高齢にして最大のウォンバットである「パトリック」です。

オーストラリアに生息するウォンバットは、体長約90センチ、体重約20キロと決して大きくありません。

しかし、パトリックは、体重30キロを優に超えます。母親が事故にあい、孤児となっていたところを保護されたそう。

残念ながら、パトリックは、2017年4月18日に32歳で永眠しています。

次ページ水の中、空にすむありえない生き物たち

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!