3000年前のユダヤ教唯一神「ヤハウェの像」を発見か!? 偶像崇拝が禁止されていたのになぜ…?(イスラエル)

history_archeology

Credit: Clara Amit/Israel Antiquities Authority

イスラエルの都市エルサレムから西に約30キロの場所にある「キルベット・カイヤファ(Khirbet Qeiyafa)遺跡」で見つかった粘土像が、唯一神・ヤハウェをかたどった偶像である可能性が浮上しました。

粘土像の年代は約3000年前であり、高さ5センチほどと小さく、側には子馬の像も見つかっています。

しかし、ユダヤ教のヤハウェと言えば、モーセの十戒にあるように、偶像崇拝が絶対的に禁止されていたはずです。

一体、どういうことなのでしょうか。

馬に乗ったヤハウェ像か?

ユダヤ教では、紀元前13世紀頃に、ヘブライ人(ユダヤ人)を率いて出エジプトを行ったモーセが、シナイ山でヤハウェから十戒を授かったと言い伝えられています。

そのひとつに、「唯一絶対の神であるヤハウェを偶像崇拝してはならない」ことが記されていました。

また、キリスト教の神もヤハウェであり、イスラム教の唯一神アッラーも元は同じ神を表しており、いずれも偶像崇拝を禁じています。

十戒を授かるモーセ(レンブラント画)/Credit: ja.wikipedia

粘土像について、イスラエル・ヘブライ大学のヨセフ・ガーフィンケル氏は「首元の加工具合を見ると、元は胴体や陶器の器などに取り付けられていたでしょう」と指摘します。

特徴としては、頭頂部が平らで、目・鼻・耳が突き出ており、耳に穴が空いていることからイヤリングを付けていたと見られます。頭部に見られるサークル状に並んだ穴は、頭飾りを表しています。

Credit: baslibrary

また、顔の像と一緒に子馬の像が出土したことから、ガーフィンケル氏は「馬に乗ったヤハウェ像だったのではないか」と推測しました。

確かに、馬の背中には人の両足が見られます。

Credit: baslibrary

像がヤハウェである根拠は?

ガーフィンケル氏は、粘土像がヤハウェである根拠について、以下の点を列挙します。

1つは、この像がこれまでにキルベット・カイヤファ遺跡で見つかった唯一の像であることです。この遺跡は、紀元前10世紀頃、宮殿として機能したと言われ、そこに住む人々が唯一神のヤハウェを視覚化した可能性があります。

もう1つは、ヘブライ語聖書(旧約聖書)に、ヤハウェが馬に乗る様子が記載されており、それを元に騎馬姿のヤハウェを作ったと見られます。

また、別の場所にある寺院や埋葬墓の遺跡でも、同時代の似たような粘土像が見つかっています。

別の場所で見つかった粘土像

ガーフィンケル氏は「これらの像は、ヤハウェを象徴するものであるため、宮殿や寺院、埋葬墓といった神聖な場所にしか見つからないのではないか」と主張します。

その上で「3000年前はまだイスラエル各地でヤハウェの偶像崇拝が許されており、禁止され始めたのは、それから数世紀ほど後のことかもしれない」と述べています。

一方で、ガーフィンケル氏の説に疑問を呈す専門家もおり、ヤハウェの偶像とは断定できない状態にあります。

しかし、これが本当にヤハウェ像であるなら、きわめてレアな考古学的遺物となるでしょう。

旧約聖書の失われた古代都市「ジクラグ」の存在を示す秘宝を学生が発見

【編集注 2020.08.05 14:30】
記事内容に一部誤殖があったため、修正して再送しております。
reference: livescienceancient-origins / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG