quantum

質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」の崩壊により、電荷を持つ「ミューオン」の生成を初観測! (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.08.05 Wednesday

前ページヒッグス粒子の崩壊を観測する

<

1

2

>

ヒッグス機構の証明が新しい段階に入った

1枚目の画像
CERNではヒッグス機構の証明も行われている/Credit:CERN 

今回の結果は、ヒッグス粒子の崩壊により第2世代の素粒子であるミューオンが生まれることを示した最初の例になります。

これまでのヒッグス機構の証明は重い素粒子を中心に行われてきましたが、比較的軽いミューオンの質量もまたヒッグス粒子によって与えられている可能性が高まりました

また研究が進んでいる重い第3世代の素粒子(トップ)においては、素粒子がヒッグス粒子とペアになって生成される様子もとらえられているそうです。

これは実験装置内部で素粒子が生成されると同時にヒッグス粒子が発生し、素粒子に即座に質量を与えていることを意味しています。

将来的にヒッグス機構の証明が完全になされるのか、それとも全く新しい物理学への取っ掛かりとなるのか…興味は尽きません。

もしヒッグス機構に例外があり、特定の条件で物体から質量が失われることが明らかになれば、人類は翼なしで空を飛べるかもしれないですね。

 

この研究は7月29日、欧州原子核研究機構(CERN)のwebページ上に公開されました。

Measurement of Higgs boson decay to a pair of muons in proton-proton collisions at s√=13TeV
https://cds.cern.ch/record/2725423

第3の素粒子「エニオン」の存在を初確認! グーとパーしかない世界にチョキが現れたような衝撃

reference: CSM / written by katsu

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

量子論のニュースquantum news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!