日本人は25.5℃で自殺しやすくなる?暑さが人を自殺に駆り立てるという研究

biology

気温の上昇は自殺と暴力事件を増やす/Credit:depositphotos

高い気温は人を狂わせ、暴力的にするだけでなく、自殺に駆り立てるようです。

イギリスの研究では気温が18℃を超えると、1℃上昇するごとに自殺率が3.8%増加することが報告されています。事実、1995年に熱波がイギリスを襲った際は、自殺率は驚異的とも言える46.9%の増加を示しました。

またギリシャでは、特定の地域で報告された殺人事件137件の30%以上が、平均気温が25℃を超える日に発生したと報告されています。

また1791年から1880年までの世界中の反乱や蜂起を調べた結果、圧倒的多数が夏に起きていました

変化は激しいものだけではありません。

気温が高くなると、人々がクラクションを鳴らす回数が増え、警察官は人々の行動に無秩序さが増すのを感じ、見知らぬ人を助ける可能性が低くなると言われています。

高い気温で人が狂ってしまうのは事実なのでしょうか。それとも満月の夜も犯罪率のように、単なる逸話や都市伝説に過ぎないのでしょうか。

近年行われた最新の研究の数々が、人と気温の残酷な関係を暴き出しています。

自殺が起こりやすい温度がある「日本人は25.5℃で自殺する」

世界平均では27℃で最も自殺が起きやすい/Credit:depositphotos

気温の上昇と自殺率の関係は、いくつもの研究で報告されています。

12か国における130万件の自殺が調べられた研究では、周囲の気温が高いと自殺が増えることが明らかになりました。

ただ興味深いことに、気温が高ければ高いほど自殺率が上がるわけではありませんでした。

どうやら自殺発生には最適な温度があるようなのです。

日本人は25.5℃で最も自殺しやすい/Credit:ehp

上の表では各国における最も自殺件数が多かった温度と少なかった温度が記されています。

全体として人間は27℃付近で最も自殺しやすくなるようです

日本人の場合は25.5℃で最も自殺しやすく、0.4℃で最も自殺しにくくなるとされており、平均的な自殺のピーク温度よりも低いことがわかります。

各国における自殺のピーク温度は、それぞれの国の年間を通した平均的な気温よりも高くなっており、単に同じ温度の日が多いから、自殺件数が多くなったわけではありません。

人間を暴力的にする温度がある

社会運動の暴力性も27℃付近で最大になる/Credit:depositphotos

同様に、複数の研究において気温の上昇が人を暴力的にすることが報告されています。

2010年から2018年にかけたイギリスのデータでは、10℃のときよりも20℃のときのほうが凶悪犯罪が14%多く記録されています。

同じような熱による暴力犯罪の増加はアフリカ、台湾、アメリカ、フィンランド、スペインでも報告されています。

気温と集会の暴力性は相関関係がある/Credit:AMS

また36年間にわたり世界中で起きた7000件の社会運動や抗議活動を分析した研究では、気温が上昇するにつれて集会の暴力性が増す傾向があることがわかりました。

またアメリカにおいては、冬より夏のほうが肉体的・精神的・性的な虐待や暴力が「親密な男女」の間で12%増えると報告されています。

気温と脳内物質の関係

気温は脳内物質の分泌パターンを変化させる/Credit:depositphotos

なぜ気温の上昇は人を追い詰め、暴力的にするのでしょうか?

最新の2つの研究では、興味深い気温と脳内物質の関係が示されています。

1つめの研究では、気温が高くなると血中のストレスホルモンであるコルチゾールのレベルが上昇することが報告されており、ストレスの増加が自殺率の増加となって表れていると考えられます。

もう1つの研究では、気温が上昇すると私たちの体はアドレナリンとテストステロンをより多く生産することが示されました。

アドレナリンやテストステロンの増加は性欲や攻撃性を上昇させることが知られており、こちらは気温の上昇に伴う暴力性の原因になっていると考えられます。

ただ自殺を考えている人間や不満をかかえている人間の母数そのものは国の経済状況や政治的・社会的な状況によって決まります。

そのためこれら脳内物質の増加は、通常の精神状態の人にはそれほど甚大な影響を与えないものの、自殺寸前の精神状態の人間や不満で爆発寸前の人間にとっては「最後の一押し」となると考えられます。

世界の平均気温が2℃上がると何が起こるか

10年で0.2℃ずつ上がる場合、21世紀末期に予測される気温の変化/Credit:環境省

気温は暴力や自殺以外にも影響を与えます。

ある研究では、重度な精神病や認知症、薬物乱用者の患者の死亡リスクが、18℃を超えると1℃ごとに5%も増加することが示されています。

もし地球の平均気温が2℃上昇した場合、西ヨーロッパでは暴力事件が3%、増加すると予想されています。

ですが現在、多くの専門家は気候変動によって、今世紀中に3℃を超える上昇が起こると考えており、高緯度地域では10℃を超える変化が予測されています。

あらゆるものに影響を与える気候変動。まずは現状と、発生しうるリスクを認識することから始めていく必要がありそうです。

男性の自殺率が女性の8倍のポーランド。その理由とは

reference: BBC / written by katsu
あわせて読みたい

SHARE

TAG