風力発電機のブレードを「たった1枚だけ黒くする」ことで、鳥の衝突死が70%も減少!

biology

Credit:NINA

reference: NINA,sciencealert

原子力発電所や火力発電所に頼らず、自然エネルギーを利用した発電所を増やそうという動きが世界中で進められています。

その1つが風力発電施設ですが、鳥が激突する事故が起きるという問題があります。

長期的に考えた場合、野生動物へのリスクはできるかぎり避けたいというのは、多くの人が望むことでしょう。

この問題については、これまで風力発電機の配置を変えてみるとか、紫外線を照射して鳥を追い払うなどの対策が試されてきました。

しかし7月26日付けで科学雑誌「Ecology and Evolution」に掲載された研究は、鳥の衝突事故を非常に簡単な方法で劇的に減らすことができると報告しました

その方法とは、回転する風力発電機の羽の1枚を黒く塗るだけなのです。

風力発電所のバードストライク問題

Credit:depositphotos

一見のどかに見える風力発電所ですが、回転しているブレードは1つが40m近くあり、全体の高さは100mを超える場合がほとんどです。

この風力発電については、猛禽類の衝突が主なの1つになっています。

風力発電が鳥にどの程度被害を出すかという問題については、まだ明確なデータがあるわけではありません。しかし、ノルウェーの風力発電反対派は、風力発電所内で毎年6~9羽のオジロワシが殺されていると主張しています。

現状ではそこまで大きな被害には感じないかもしれませんが、への依存度が増しつつある昨今、風力発電施設が将来鳥類に及ぼす被害は毎年1万羽を超えるだろうという試算もあります。

いわゆるバードストライクは決して無視して良い問題ではないのです。

鳥は回転する風車のブレードがほとんど見えない

Credit:depositphotos

飛行機と鳥の衝突の問題はよく耳にする話題ですが、移動しない風力発電になぜ鳥がぶつかるのでしょうか?

それは回転するブレードの視認性の問題だと考えられています。

これはと呼ばれる現象で、速く動く物体は網膜が処理できなくなり、ほとんど見えなってしまうのです。

風力発電のブレードは時速300kmを超える速度で回転していて、この速度に達すると鳥の目にも回転するブレードは見えなくなってしまいます。

そこで、風車のブレードの視認性を上げればいいのではないか? と考えたのがノルウェー自然研究所の研究者Roel May氏です。

風車のブレードを黒く塗るだけで改善

Credit:Roel May et al.,Ecology and Evolution(2020)

回転するブレードのを低減させる方法は、過去に実験で考え出されていました。

これはブレードの1枚に塗装を施すというものです。高速回転する扇風機のような羽根の一部が塗られているだけで、視認性があがるということは、経験している人も多いでしょう。

そこでMay博士は風力発電のブレードの1枚を黒く塗りつぶしてみたのです。

そして、周りの塗装されていない風力発電タービンと鳥の衝突事故の発生件数を調査し比較を行ったのです。

研究では4基のタービンに塗装を施しましたが、ここで発生したバードストライクは6件でした。対して塗装していない4基のタービンでは18件のバードストライクが起きました。

この調査研究は3年半に渡り行われてましたが、最終的に年間のバードストライク発生件数は塗装した場合70%も低減させることができたのです。

簡単な改良で高い効果が得られるかもしれない

ブレードの1枚を塗るだけというのは、かなり簡単な改良です。

ただ、これから建設するものに対して行う場合非常に低コストな改良ですが、大量に建設済みの施設にそれぞれこの対応を行うのはかなり費用のかかる問題だといいます。

また、今回の研究は大幅なバードストライクの低下を確認できましたが、その有効性は地域や鳥の種によって異なる可能性もあり、そちらはまだ検証されていません。

しかし、オランダや南アフリカなどは、この試験の実施に関心を向けているそうです。

環境を守るための発電は、自然と調和することが求められています。

まだブレードを黒く塗るだけという単純な試験結果が報告されているのみですが、塗装のパターンなどによってさらに大きな効果が得られる可能性もあります。

自然と調和する将来を見据えた場合、非常に興味深い研究ですね。

あわせて読みたい

SHARE

TAG