コロンブスの航海は「地球平面説」の否定や、「新大陸発見」が目的ではなかった!?

spot

Credit:depositphotos

現代では黒人差別問題の騒動に巻き込まれて銅像が引き倒されてしまうなど、散々な目にあっている新大陸の発見者コロンブス。

彼はなぜ未踏だった西の海へ旅立ち、新大陸発見に至ったのでしょうか?

その理由について当時主流だった「地球平面説」を否定し、地球が丸いことを証明するためだったという誤解された逸話が有名になっているようです。

また、そもそも新大陸を探すつもりで冒険に出たと勘違いしている人もいるでしょう。

漫画ワンピースのように海へ旅立つ理由といえば、ロマン溢れる冒険心ばかりをイメージしてしまいますが、実際はかなり打算の多かった当時の航海理由を見ていきましょう。

コロンブスが生きていた時代、地球が丸かったことはみんな知っていた

コロンブスの時代、人々は地球を平面だと考えていて、コロンブスはその考えを正すために航海に出た。そんな誤解をしている人が世の中にはいるようです。

しかし、実際コロンブスの時代よりはるか昔、紀元前のピタゴラスアリストテレスの時代から人々は地球が丸い球体であるということを理解していました

それは海へ旅立った船はマストの先端が最後まで水平線の上に見えているという事実や、月食の際月にできる地球の影が丸いことなどが根拠としてあげられています。

それに何より月が丸いことが大地は球形だという証でした。

古代の人々は重力の作用をまだ理解していませんでしたが、地球が世界の中心にあり、すべての物体は世界の中心に向かって引かれていると考えていたとのこと。

そのため、地球の裏側の人が落っこちてしまうという問題に悩むこともありませんでした。

それどころか、紀元前276年頃にはエラトステネスという人物が、シエネの街では夏至の日に井戸の底まで太陽で照らされるという話しを聞き、それを元に地球の外周距離を25万スタディオンであると計算までしていました。

エラトステネスの地球外周の計算方法。井戸を底まで太陽が照らすとき太陽はその直上にある。そこから距離δ離れた別の街に棒を立て、できた影の長さを測れば地球の曲率や外周が計算できる。/Credit:Wkipedia,Erzbischof

スタディオンが表す正確な距離は現代に伝わっていませんが、オリンピックで使われる距離基準などを参考に推定すると、25万スタディオンは実際の地球の外周と15%程度しかズレがないだろうと言われています。

コロンブスの目的は?

では、コロンブスは何を目指して航海に出たのでしょうか?

それはインドでした。

食料の保存方法が限られていた15世紀のヨーロッパでは、肉の腐敗臭を消す香辛料は破格の値で取引される高級品でした。黒胡椒一粒は黄金一粒と言われたほどです。

人気RPGドラゴンクエスト3では黒胡椒をポルトガ(架空の国)の王様に渡すと船をくれるというイベントがありました。これはそんな当時の価値観を参考にしたものです。

Credit:SQUARE ENIX

そんな黒胡椒の原産国はインドでした。そのため当時の人々は最短距離でインドへ渡る航路を死にものぐるいで探し求めていたのです。

最初にインド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマは、ポルトガルから陸地沿いに船を南に進めアフリカ大陸を回り込んでインドへ向かいました。

しかしこれは非常に時間のかかる航海でした。そこでコロンブスが考えたのは、西へ向かって船を進め地球を一周してインドへ行くという方法だったのです。

現代の人間から見ればそっちの方がはるかに大変だろとわかりますが、当時の人々はコロンブスを含め地球のサイズを過小評価していました

当時世界は陸地でつながったユーラシア大陸とアフリカ大陸までしか知られておらず、それが世界の全てであろうと考えられていたからです。

これに150年ごろ描かれた緯度や経度まで書き込まれた「プトレマイオス図」が絶大な影響を持っていたから起こったことでしょう。

プトレマイオスの世界地図。大航海時代まで正確な世界地図として信頼されていた。/Credit:Wkipedia

そのため大航海時代以前の人々が考える地球のサイズは実際のサイズの4分の1程度だったと言われています。

商売のための航海

何年分もの食料や資材を積み込んでの航海には莫大な費用がかかります。

海の冒険には支援金を得るために、利益を生むような裏付けが必要でした。

コロンブスが提示した航海の見返りは、どこよりも短距離でインドへ行ける航路の発見だったのです。

こうした理由でコロンブスはインドを目指して大西洋を西へ向けて旅立ちました。そのため、新大陸を発見した当初、コロンブスはそれがインドだと信じて疑いませんでした。

そんな彼の勘違いは、現在も世界地図に地名として残っています。米国フロリダ州の南東、カリブ海の島々の中に、なぜか西インド諸島という名前の島があります。

カリブ海なのに西インド諸島と名付けらた。/Credit:Google Map

なんでこんなところにインド? と子供の頃に地図を見て不思議に思った人もいるかもしれません。西インド諸島の名前はコロンブスがインドに到着したと勘違いしたことが由来です。

彼の理解では、この辺りにインドがある予定だったのです。しかし、実際の世界はその何倍も広く、そしてコロンブスはインド航路の発見よりも、はるかに偉大で貴重な発見を成し遂げたのでした。

コロンブスが当時の人々の世界観を一変させたのは、地球が丸いではなく、地球が思ってたよりずっと広いということだったのです。

あわせて読みたい

SHARE

TAG