アラビア半島で「約12万年前の人類の足跡」を発見!”出アフリカ横断中”の足跡か

history_archeology

足跡、化石
足跡、化石 / 約12万年前の人類の足跡/Credit: KLINT JANULIS
reference: phys, theguardian

ドイツのマックス・プランク化学生態研究所は、16日、サウジアラビア北部のネフド砂漠にて、約12万年前の現生人類(ホモ・サピエンス)の足跡を発見したと発表しました。

当時のネフド砂漠は、今よりずっと湿潤なサバンナ地帯にあり、足跡の場所は浅い湖となっていました。

また、人類の他に数百におよぶ動物の足跡も見つかっており、湖は一種の給水場として使われていたと見られます。

アラビア半島はかつて草食動物の「オアシス」だった

今日のアラビア半島は、広大な砂漠が広がる乾燥地帯であり、大昔も人類や動物にとっては居住に適さない過酷な環境と考えられていました。

ところが近年の研究で、緑豊かで湿度が高く、草原が茂っていた時期があったことが明らかになっています。

それが、約13万〜11万5000年前まで続いた最後の間氷期(氷期と氷期の間の比較的温暖な時期)です。

研究主任のマシュー・ステュアート氏は「当時のアラビア半島は、今日のアフリカのサバンナ地帯に似ており、ラクダやゾウ、カバなどの大型動物も豊富にいた」といいます。

足跡はこの時期に残されました。

砂漠
砂漠 / 現在のネフド砂漠、足跡が見つかった場所/Credit: phys

少数グループで移動中?

足跡は全部で約240個見つかっており、7つが現生人類のものと断定されました。

さらに、その内の4つは、足の形やサイズの違い、一定の距離間、進む方向が同じことから、2〜3人で移動していた人々の足跡と推測されます。

年代測定の結果、約12万1000年〜11万2000年前のものと判明しましたが、この時期はネアンデルタール人(40万〜4万年前)も生きていました。

しかし、当時の中東にネアンデルタール人はいなかったこと、足跡から推定される身長や体重が異なることから、彼らのものではないと判断されています。

足跡、化石
足跡、化石 / Credit: Stewart et al., 2020

ゾウやラクダの足跡も多数発見!

人よりも多く見られたのが、ゾウやラクダの足跡でした。

人類も給水や水浴び、採餌のために湖に立ち寄ったと見られますが、同じように草や水を求める動物たちがたくさん集まっていたようです。

ときには、人類が動物を狩ることもあったはずですが、石器が見つかっていないことから、単なる給水ポイントとして使い、長居はしなかったと見られます。

そして、最も重要な点は、人類が予想よりずっと前にアフリカ大陸を脱出していたということです。

足跡、化石
足跡、化石 / ゾウ(左)とラクダ(右)の足跡/Credit: Stewart et al., 2020

人類は「楽園」にたどり着けたのか?

人類が東アフリカで誕生したのは、およそ20万〜30万年で、アフリカの脱出に成功したのが6〜7万年前です。

しかし最近の調査で、十数万年前の現生人類の骨がギリシャやイスラエルで出土しており、ずっと以前からアフリカを出ていたことが分かっています。

初期人類は、今日の東アフリカからエジプトを北上し、レバント地方(アラビア半島の北端、地中海に面する中東地域)を抜けて、ヨーロッパやユーラシア大陸に広がっていきました。

レバント、地図、アラビア半島
レバント、地図、アラビア半島 / レバント地方(赤)/Credit: ja.wikipedia

おそらく、その移動の中で、アラビア半島の川や湖に沿った道も水や食料資源を切らさないための内陸ルートとして選ばれたのでしょう。

アフリカからユーラシアに移動する人類にとっては、アラビア半島が便利なサービスエリアとなったかもしれません。

果たして、この足跡の主たちは、探し求めていた楽園にたどり着くことができたのでしょうか。

あわせて読みたい

SHARE

TAG