ドラゴンドローン
ドラゴンドローン / Credit:東京大学 JSK
robot

東大が開発した「ドラゴンドローン」の動きがスゴイ (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.09.19 Saturday

前ページ龍のように浮遊するドローン「DRAGON」

<

1

2

>

ドラゴンドローンは自在に変形し、物体をつまんで持ち上げる!?

ドラゴンドローン
ドラゴンドローン / Credit:東京大学 JSK

DRAGONの利点は、自在に変形し、作業に必要な形状を維持できる点にあります。

ドローンに望まれる役割の1つに、人間が侵入できない「危険な環境下での作業」があります。災害地での捜査や倒壊した建物内での作業がこれに含まれるでしょう。

そのような場面では調査対象への侵入経路が非常に狭く複雑になります。そのためドローンを小型化することで侵入を容易にしてきました。

ところがドローンを小型化すればするほど、その作業内容は制限されていきます。

小さくすれば作業のパワーが不足します。作業させるためのアームを装着すればそれだけ重くなり、結局大きな推進器が必要になるため、狭所への侵入は難しいでしょう。

しかしドラゴンドローンは、このような災害救援ドローンが抱える矛盾を解決する可能性を秘めているのです。

ドラゴンドローン
ドラゴンドローン / Credit:東京大学 JSK

DRAGONは箱形やL字型、螺旋型など、自在に身体を動かせるため、狭所への侵入が容易です。

そのうえ研究チームは、DRAGONの両端で物体を「つまんで持ち上げ」たり、身体全体で物体を「包んで移動」させたりできるようになると考えています。

持ち上げる物体の重量は複数のモジュールファンの推進力で分散できるため、小型ドローンには不可能な重量を扱えることでしょう。

このようなユニークかつ実用的な発想が、現代のドローン技術を発展させてきたと言えます。今後の新しいドローン技術にも期待したいですね。

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

ロボットのニュースrobot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!